Call Me By Your Name

君の名前で僕を呼んで

IMDb 日本公式
字幕翻訳/松浦美奈

4回観ました。多分もう大丈夫(何が)

2回目観た直後に書いた短めの感想はこちら(被ってるところも結構ある)


1983年の北イタリアのどこか、大学教授のパールマンの家にアメリカの大学院生のオリヴァーがやってくる。屈託のないオリヴァーと、教授の息子のえらく教養のあるエリオのひと夏の物語


初回に見たとき、なんか思っていたよりも刺さらないなーと思ったのですよ。前評判は聞いていて、ものすごく期待をしていて、画像なんかも集めまくって(観て動揺しないように笑)いたのだけど、それが良くなかったのかな。普段は前情報入れないで見るタイプなので。

最初は多分、自分のジェンダーを意識しすぎて観たからっていうのもあると思うんだよな…女の子を駆け引きの道具に使いやがってどいつもこいつも…のような感じで。ただ4回目に観たら、あれ、でもあれか…ということもあったりしたので、そんなことをつらつらと書きますよ。

鑑賞後にお読みください

Continue reading “Call Me By Your Name”

Ready Player One

iMDb 日本公式
字幕翻訳/岸田恵子

最高だった。原作の存在を知らなかったのもったいなかった、自分。


近い未来(2045年)現実世界はもう夢を見れる場所ではなくなり、人々はジェームス ハリデイの作ったゲーム世界OASISの中で生きている。そして、5年前にそのハリデイが遺言を残してこの世を去った。三つの鍵を手にした者がOASISの継ぐことが出来るというものだが、いまだに最初の挑戦さえ誰も成功していない。


最高にスカッとした。最近こういう手放しでスカッとすることってなくないかな。スピルバーグの振り幅すごいなって思ったよ(片やペンタゴンペーパーズ)

導入部とかとてもベタなんだけど、スッと作品の中に入っていけるし、そのあとはイベントに次ぐイベントで、気がつけばクライマックスといった感じで、140分がとても短く感じた。

アバターとリアルの塩梅がとてもよく、キャラクター造形も素晴らしかった。ゲームの中ということだからVFXでも違和感ないし(当たり前)アバターが人間らしくなくても(とはいえすごく人間らしい)大丈夫。

様々なオマージュがわかる人にはわかるだけ上積みで面白いと思うし、わからなくても十分面白いんじゃないだろうか(デロリアンくらいはわかった方がいいかもしれないけど、セリフがこれはあれのオマージュで…とかはわからなくて大丈夫)ちゃんと説明してくれるものもあるしね、金田のバイクとか。

私はガノタでないので、細かいところはわからないからガンダムのシーンは胸熱でした。ゴーグルにタイトル出るの最高。このダイドー=トシロウ(つか、これがトシロウなのも最高だ)をやった森崎ウィンが予想外に良かったです。びっくりした。英語も全然自然だし、知らなかったので、アジア系アメリカン人の役者なんかと思ってた。

やっぱり、シャイニングの中に入ってしまうという設定がすごい。これ、絶叫上映というかVRでみんな入って上映したら最高に面白いなと思うけど、それはもう映画じゃなくてゲームか。

ヤヌス カミンスキーが撮影監督なんだけど、どこまでに権限があるのかなど気になります。ほとんどがVFXな訳だから、その作画監督的なことをするのかなあ…とか。

笑える箇所もたくさんある。

オンもオフもエイチが最高だ。あのアバターの感じから想像する本人とは全くかけ離れているところがすごい。これは、きっと原作もすごいんだろうから、原作も読みたいんだけど、キャスティングもすごく頑張っていると思う。

ベン メンデルソーンのいつもの嫌な感じ、嫌でダメな感じが炸裂してて良かった。このままこの芸を極めていってほしい。

ステインアライブの流れるシーンで鳥肌立ったのだけど、よく考えたら、これすっかりおっさんホイホイな作品だけど、若者が観ても楽しいのかしら?ちょっと心配。

アラン シルヴェストリのスコアも最高にアガります。こういういわゆるベテランのスコアが最近やっぱりいいなーって思っているところなんですよね(ジョン ウィリアムズとか)

エンドロールのcourtesy ofの羅列に震える。

もう一回観たいなー(2回観たけど)と思っていたら、インフィニティウォーに独占されていて大きいスクリーンで見れないの残念。

Avengers: Infinity War

アベンジャーズ インフィニティ ウォー

IMDb
日本公式

監督/アンソニー ルッソ+ジョー ルッソ(Anthony Russo Joe Russo
撮影監督/トレント オパロック(Trent Opaloch
音楽/アラン シルヴェストリ(Alan Silvestri

字幕翻訳/林完治

書いたきり下書きのまま放置してた…

初日というかカウントダウン上映に行きたかったのですが、さすがに凄い勢いで席がなくなっていき、5分くらいで完売してしまったので、翌日に変更しました。朝からIMAXと日比谷のプレミアムシアターで、ランチを挟んで1日で2回鑑賞。

ネタバレは、劇場公開が終わって、メディアなどが出るまではしないように、と監督などがお願いされてますが、ネタバレしないで感想を書くのは難しい。

ここから先は鑑賞後に読んでください。

Continue reading “Avengers: Infinity War”