Avengers: Endgame

アべンジャーズ/エンドゲーム

散々温めてまいりましたが、いまだに全然まとまっていないので、思いついたことをだらだらと書きます。もちろんすでにデジタルで購入できるので、劇場に行けない人もそろそろ観ている頃だろうということで、ネタバレは盛大にしています。9月の円盤を待っている人は観てから読んでください。

オリジナルメンバーの6人のアベンジャーズを中心に描かれています。つまりその6人は卒業ということで、また新たなフェーズに向かってマーベルが舵を切っていくからです。インフィニティサーガの終わりであります。インフィニティウォーの続編であります。そして、上映時間が3時間です。

とはいえ、ストーリーとしてはインフィニティウォーとエンドゲームは結果として、サノスとその二人の娘の物語だったんだな…と思っています。

もちろん、サーガの終わりを締めくくる、今までの総括というか、この先を予感させる部分もありながら、終わりの物語でもあるのだけど。

エンドゲームではサノスの娘のうち、ネビュラがかなりフィーチャーされていると思ったし、ネビュラがいいというか、ネビュラを演じたカレンギランがすごいなと思った。黒目しかない目と、顔色も表情もさして変わらないのに、ものすごく感情に溢れていたしGOTGだけで終わらなくてよかった…。いいネビュラと悪いネビュラの戦いもあるしね。演じ分けてるし、量子世界から戻ってきたときの悪いネビュラの細かい演技とか好きだなあ。あと、案外ウォーマシーン=ローディ(ドンチードル)とのコンビが良かった。パワーストーンを手に入れるために洞窟に入っていくところで、ローディの映画知識が全くの邪魔になるところもいいところ、その時のネビュラがランウェイか?という歩き方で入ろうとするのにも注目。手足が長くて、映えるしね。眠るトニーの側に立つ時の脚の長さ際立つ。

ローディの映画知識はタイムトラベルの件でも無駄にしかならない。
スタートレック、ターミネーター、タイムコップ(ジャンクロードヴァンダムのタイムトラベル警察の話)、タイムアフタータイム(HGウェルズがタイムトラベルするやつ)、ある日どこかで(クリストファーリーヴのタイムスリップもの)、タイムマシーンにお願い(タイムトラベルして人助けをするというテレビドラマ)、オフロでGO!!!タイムマシンはジェット式(ジャグジーでタイムトラベルしちゃう、セバスチャンスタン出てます)、ビルとテッドの大冒険(デビューしたてのキアヌリーブスの人気シリーズ)、ダイハード←これはスコットだし、違う(違うけど、ブルースウィリスはタイムトラベルものに出てる→12モンキーズとかLOOPERとか)

閑話休題

私はキャップが好きなので、キャップの仕舞い方は、なんとなく納得出来て良かったです。見せ場もたくさんあるし。なんだかんだ言っても、ルッソ兄弟はキャプテンアメリカの監督だから、多分思い入れとかあるに違いない。2012年のニューヨークでのハイルハイドラ(あのWSのエレベーターシーンのリフレイン)とか、キャップ同士の闘い(I can do this all day – yeah I know)とか、やっぱりムジョルニア持てたね、とか、一人対サノス軍の絵が美しすぎるとか、とうとうアッセンブル出たとか。所々でペギーに固執していることを描いておいて、結局ペギーのところに戻ったことは納得だし良かったと思う。

あと、結構言葉にうるさいキャップが汚い言葉使ってたのがウケた。最初のアベンジャーズの時のお堅い感じは今はもうないねえ(というか、あのお堅い感じはウィードンのキャップ感なのかもなあ)サノスを探しにいく時に “Let’s get this son of a bitch” とか、もう一人のキャップに会った時に “You’ve got be shitting me” とか。そして、America’s assな。量子スーツ着た時のラインの美しさったらないじゃん?もうこういう格好はしないのちょっと残念だなあ…。

しかしながら、おじいちゃんたら、キャップの盾をどの時代から持ってきたか知らない(盾のラインの入り方とか見たことない感じだった)けど、持ってきたのマズイんじゃないかなー…。なんか起きるんじゃないかな…。ファルコン=サム(アンソニーマッキー)に盾を渡したわけだけれども、ちょっとだけバッキーキャップが見たかったような気もするなあ。でも、ファルコンとバッキーのセットの方が描きがいがありそうだからいいのか…。飛べるキャップになるな…どうやって盾を格納するかわからんけど。

どこについてんだこれ?

サムに渡した時に、サムが “It’s somebody else’s” て言った時に “It isn’t”て返すのすごくいい。英語っていいよねえ。

あとさあ、5年も会ってなかったバッキーとの邂逅がなかったのがちょっとなあ…実は撮影してたけど、カットされたとか、脚本にはあったけど撮影されなかったとかでありますように…。再会を描いてないのに、過去に送り出す時に突然友情出されてもなあ…ね。


誰しも納得いかないと思うけど、ナターシャの件は納得いかないのよ。まさかの早々に退場、しかもなんとなく扱いが、えっそれで追悼終わりなの?という感じで、もしかしたら撮影したけど使われてないだけかもだけど。前日譚をテレビ(ディズニー+)ドラマということだけど、そっちに期待する。日本で配信されますように…(マーケット結構でかいから大丈夫かな)

ナターシャは、髪の手入れもしなくなって、コンパウンドに住み込んでピーナッツバターサンドを食べるような生活なんだよ、それだけでもなんだか悲しいのに。予告にあった射撃訓練のシーンもなかったしさあ…。1分後に!と言って戻ってこないなんて。バートンとヴォーミアに向かう時のブダペストのくだりとか、全く悲壮な感じを予感させなかったのになあ。”Let me go”は「行かせて」じゃなくて「離して」のほうが感じ出たよなあ。


トニーについては、そんなに思い入れがなかったんだけど、結果として彼が世界を救うことになったのは良かったなあ…とおもう、これ以外考えられないというか。最後の戦いのところで、ドクターストレンジは何もかも知っていて、でも伝えられないとか、このシーンのカンバーバッチさん良かったよねえ。むしろトニーじゃなくて、ペッパーにグッときたんだけど、私は。まず、最後の戦闘に加わったとき、三点着地したときにグッときた。最後の “we’re gonna be ok”のところが、トニーがハワードに言った “Every thing going to be alright”に呼応するな…とか。結局ダディズイシューが解決したし、父親が個人の幸せよりも世界の幸せの方を優先していたことを聞かされて、だけど、愛されていなかったわけではないことを知ったことで、自己犠牲に到達できたっていうのも良かったよね、自己中心的なところがウィークポイントだったわけだし…。

最後の戦闘は、色々見るべきところがあって、キャップのムジョルニアもそうだけど、ワンダの強さとかね。あとはやっぱりキャプテンマーベルがものすごく強い。サノスに対してビクともしないシーンとか。ドクターストレンジがくるだけで、なんとなく安心するとか。女性陣の見所が多めになっているとか、女性チームが最後のパートを引き受けようとしたところとか。

キャップのムジョルニアといえば、サノスってストームブレイカーも持ててないですか?考えてることは悪いけど、嘘は嫌いだし、心が清いのかな…。

ソーの腹はほんとびっくりだし、笑った。最終的にデカイままっていうのもいい。すっかりそういうノリになっているのすごいな、タイカワイティティすごいな。次のソーもこのノリでいくんでしょうね。私は割と最初のソーも好きなんだけど…。神話っぽいから。

ソーといえば、ロケットもところどころ良かったよなあ…。ソーをひっぱたくところとか、うっかり急いで四足歩行してしまうところとか。序盤のネビュラの手を取るところとかグッときた。ほんといいアライグマだよねえ。ロケットのスピンオフ観たいよ。

びっくりついでに、バナーとハルクの融合もびっくりした。ある意味バナーは達観してしまったんだよなあ。唯一無二の種になってしまったわけだし。

そして、実はこのストーリーの立役者ってスコットだよね。時間泥棒のアイデアもそうだし、最後にでっかくなって大活躍だし。

どうでもいいことなんだけど、気になった字幕があって…。
ニューヨークに三つストーンがあったのがわかった時に、トニーかバナーが “Shut the front door!”っていうんだけど、これは、”Shut the fu*k up” を綺麗にいう言い方だそうで、「NYもびっくり」はちょっと…と思います。「うるせー!」って感じだし、「黙ってろ!」って感じなんだけどなあ。

そんなわけで、とりあえず書きました。また、気が向いたり、書き忘れてたことがあればまた追記する。

次のフェーズも楽しみにしてるよ。ドラマも。

英語のセリフは英語字幕と以下のQuotesから

7月に観た映画

7月に観た映画は以下のとおり(やっと追いついた)(今は8月)

テレビなどで観たのはこちらです

7月はやはり、「さらば愛しきアウトロー」ですね。デヴィッドロウリーにハズレなし(俺調べ)2回観た。

6月に観た映画

6月に劇場で観た映画は次のとおり

  • イングランドイズマイン(6/1 シネクイント)
  • アラジン(6/10 Tジョイ品川 IMAX)
  • 主戦場(6/13 アップリンク吉祥寺)
  • メンインブラック インターナショナル(6/15 TOHOシネマズ新宿)
  • ガラスの城の約束(6/18 恵比寿ガーデンシネマ)
  • X-MEN ダークフェニックス(6/22 TOHOシネマズ新宿)
  • パピヨン(6/23 TOHOシネマズ六本木)
  • スパイダーマン ファーフロムホーム(6/28 Tジョイ品川)

TVなどで観たのはこちら

6月はアラジンとパピヨンですかねー。いつもなぜか日本での配給に恵まれないハナムですけど、今回も良かったです。サービスカットあり笑。アラジンはものすごく心配していたんだけど(ガイリチ好き)大ヒットでよかった。青いウィルスミスも終わってみれば、もうウィルスミスのジーニー以外適役が思い浮かばないくらいです。

今年のワーストは「ガラスの城の約束」で決定でした。すごい、これで泣いて、いい映画、感動した!とか言える人がいるのはすごいと思う。

5月に観た映画

5月に劇場で観た映画はこちら

  • ハイライフ(5/3 ユナイテッドシネマ豊洲)
  • 名探偵ピカチュウ(5/5 新宿ピカデリー)
  • RBG 最強の85才(5/10 恵比寿ガーデンシネマ)
  • アメリカンアニマルズ(5/17 角川シネマ有楽町)
  • ベンイズバック(5/24 TOHOシネマズ六本木)
  • ガルヴェストン(5/29 新宿シネマカリテ)
  • ゴジラ キングオブモンスターズ(5/31 TOHOシネマズ日比谷)

TVとかで観た映画

いろんなことの余波で全然記録されていない期間があり、劇場で観たのに何も残されていない作品とかあるので、後で補完します。

5月はなんと言っても「アメリカンアニマルズ」です。最初に観て、グッときすぎたので、監督の登壇があるというので苦手の新宿武蔵野館にも観に行きましたよ。監督の話が聞けてよかった。ちょっとアーティでスノッビーな感じのする(芸術家に育てられてればこうなるよねー)、しかし気さくな監督でした。

4月に観た映画

4月に劇場で観た映画はこちら。

TVなどで観た映画はこちら

あら、4月も忙しかったのかしら(記憶にないところが怖い)(多分忙しかったんだろう)本数少ないですね…。

しかし、今年のベストかもしれないかもしれない映画が2本含まれています。一つは「魂のゆくえ」でもう一本は「荒野にて」基本的にちょっと変な映画(ストーリーとか、映像とか)が好きなんですよ。魂のゆくえは本当に変でした。イーサンホークいい。

あーーー!思い出した。後半はエンドゲーム観てたんだった。というか、エンドゲームも観ながら、ゴールデンウイークに贔屓のバンドが来日してて、大阪に行ったりしてたんでした。思い出した←バカなのか。多分正気を失っていたからでしょうね。忙しいといえば忙しかったし。

エンドゲームについては、7回観たんですけど、まだFilmarksに感想書いてないんですよね。なんかうまく気持ちがまとめられなくて。そうこうしているうちにデジタル配信始まっているので、観ながら感想書こうかと思っています。マーベルというか、コミック原作シリーズものについては、なかなか単独で評価しづらいので、ベストとかには入らない予定。

3月に観た映画

3月に劇場で観た映画はこちら

テレビなどでみた映画はこちら

ROMAはネトフリで観る前に劇場で観ました。我慢した甲斐があった。できれば、音響もちゃんとしたところで観たかったけど、叶わなかったなあ…。

というわけで3月のベストはROMA。時点でウトヤ島。

キャプテンマーベルは、とりあえずエンドゲーム前に観なくてはいけない課題みたいなところがあったのと、スケールが大きすぎて、どう評価していいのかわかりにくい(今までのアベンジャーズとは違いすぎた)ので、難しいところです。その点、スパイダーバースが期待していなかったこともあって、結構衝撃的だった。表現の自由度とでも言ったらいいのかな。

家では割と邦画も見ます(とはいえなんでも見るわけでもないし、WOWOWでやるから見る程度ですけど)椿三十郎は、格好良かった…。でも血の出方が尋常ではないです。

2月に観た映画

2月に劇場で観た映画(リンク先はFilmarksの感想ページ)

TVとかで観た映画(リンク先がある場合はFilmarksに何か書いてる)

なんだか、2月はとても忙しく(仕事が)プライベートの時間はほぼぐったりしているか、寝てたので、こんな感じ。

2月の中でベストは全体的にはビールストリートかなー。他にはギルティとか。アクションものだとアリータが割と好きだったけど、イントロダクションという感じだったのがな…。アクアマンは悪くはない、VFXも頑張ってたけど、あんまり印象に残ってないのよね…。

家で観た映画のセブンシスターズは面白くて、なんで劇場で観てなかったんだろうって後悔した。好きな俳優の映画はちゃんと観ておこうと思いました。

そして、案外全然ハマらなかったゴッズオウンカントリー…。

某Aさんはどハマりしていたのだけど、私は生々しいものが苦手なので…(いつまでも夢見る夢子)

1月に観た映画

1月に劇場で観た映画

リンク先はFilmarksの感想です。

ビューティフルデイ とウインドリバー は去年のベストに入る作品でとても好きなので、どちらも複数回目となるのだけど、早稲田松竹でかかっていたので観に行きましたよ。

今年の暫定ベストは「作家の妻」と「マイル22」かなー。
ベクトルが違うので、比べられないけど。とにかくマイル22はおかわりしたいくらい、アドレナリンが出まくる面白さだったんだけど、時間が合う時がなくていけなかった。マイル22はアクション群像劇という感じで、それぞれキャラ立ちも素晴らしかったよ。

ローレン コーハンが最高でした

作家の妻は、グレンクローズがとにかくすごかった。最近作家の伝記映画のようなものを結構見ていたので、余計に響く作品でした。ライ麦畑も同時にご覧になると良いのでは?女の足を引っ張るのは女、というのもあるかな。

このシーンと、ラストシーンの表情がマジすごい

蜘蛛の巣を払う女は結構期待していたんだけど(もちろんルーニーじゃないし、フィンチャーじゃないからなーというのはあったけど、それなりに面白くしてくれるのではと思って…)これ、構えていた以上にガッカリだった。クレア フォイの上品さはリスベットには不要なものだったな…。あと、脱げばいいというものではないけど、俳優の意図みたいなものを感じるとぐっと萎えるので、いろいろ考えてほしいと思った。脱がぬなら脱がぬのが自然なシーンにすべき。アクション映画としてはいいのかもしれんけど、深みとかなんもなかった。

天才ハッカーであることが大事なのに、ただのアクション映画になってたよ。

1月に家で観た映画

結構家で邦画を観てる。WOWOWでやるから、話題になったやつとかは見る。でも、まあ、なんだ、あんまり素敵な作品には出会わないね。多分、新しいジュマンジも観たね、ジュマンジ特集だったから。

ディオールと私が良かったかな。ドリスも良かったけど、作品としてちゃんとまとまってた(ドラマになってた)のはラフの方でした。案外グレートウォールは面白かった。

2018年 年間ベスト

明けましておめでとうございます(遅い)(しかも書くのに1週間かかってる)

去年のベストはツイッターでざっくりやりましたが、ちょっとした感想もプラスしてブログに書いておこうかなと思った次第です。今年はもっとちゃんと書こうと思います。WPもアップデートしたしな(グーテンベルクで書いてます)

実はここで漏れているのがありまして…「ブリグズビー ベア」のことをすっかり失念しておりましてね。というわけで、仕切り直したやつをベスト20までやってみます。

そうそう、去年は後半はかなり抑え気味で、どうしても観たい作品だけに絞っていたので、前の年より30本くらい少なかった。

というわけでベスト20を公開順で並べてみました。途中で画像が大きくなってるのは意味ないです。設定しながら書いてたんですわ。

ロストシティ Z 失われた黄金伝説

これはものすごく好き。ベスト5に入るくらい好き。

チャーリー ハナムが主演した、20世紀初頭のアマゾン探検もの。キャストも豪華。何より映像がほんっとうに美しく静かな劇伴もあいまってとても静謐な感じで良いのです。なぜ特別上映しかなかったのか…。

聖なる鹿殺し

ヨルゴス ランティモスの新作。すごい変な作品。時折ものすごく構築的で美しい映像があったりするけど、結構暴力的。

シェイプ オブ ウォーター

2017年の東京国際映画祭ですでに観ていましたが、2018年公開なので、ここにいれています。この水生生物がですね、すごくイケメンなんですよ(そこか)

ヴァレリアン 千惑星の救世主

序盤のほとんどセリフのないパートがかなりグッとくるし、映像も良いし、何と言っても主演の二人がいいし、オシャレだし、ちょっとバカっぽいところが最高だし、評価が低い意味が分からない。

ベスト3に入るくらい好き。

ジュマンジ

かなり面白かった。ジャック ブラック実はあんまり好きじゃないんだけど、このジャック ブラックは良かった。いや、みんな良かった。うまい。ゲラゲラ笑うし、ホロっとする。

フロリダ プロジェクト

パステルカラー、フロリダ、ディズニーランドとかから想像されるものの対極にある、胸が詰まるような、でも少し笑っちゃうような、それでもラストシーンでなんとなく救われるような。監督のQ&Aのある上映に行けたのも良かったな。すごく考えていることが前進的な監督でした。過去作も観たね。

レディ プレイヤー ワン

もう、スピルバーグはすごいなと思いましたね。とにかくオマージュに次ぐオマージュだし、キャラは立ってるし、ガンダムだし。観た直後はすごく興奮してた。

君の名前で僕を呼んで

これはね、去年一番回数観ました。とはいっても6回だけど。結構長くやってましたしね、最初のころのパンフレットフィーバーも凄かったよね、わたしも買いました。私はもともとアーミーハマーが好きなので、初回はイマイチ入り込めなかったですね(それが理由かどうかわからんけど)

アイ、トーニャ

もちろん、セバスチャン スタンも目当てですけれども、これは最高に面白かった。特にショーン。ものすごいバカバカしいのに、これが実話だっていうのがすごいよねえ。セバスチャンはね、こういう汚れ役をやりたがるんだけど、やっぱり基本的に綺麗すぎるんだよね。汚せば汚すほど綺麗っていうかね…。

ビューティフル デイ

これね、オンライン試写会が当たって、まず家のPCで観たんだけど、これはスクリーンで見なきゃダメだわ、と思って観に行った。決定的な痛い瞬間を映さないことに賛否あったりするけど、私はこの方が好き。そして、最高なのが、「愛はかげろうのように」が流れるシーン。本当に良い。これはベスト5に入りますね。ホアキンがカンヌで男優賞獲ったしね。

万引き家ほ族

ほとんど邦画は観ないんだけど、是枝作品は割と観てると思う。これは途中でなんだかわかったところと、終盤で泣いた。安藤サクラと松岡美優、城桧吏が良かったですね。安藤サクラのスリップ姿が色っぽかったです。入れ歯外した樹木希林は卑怯です。

犬ヶ島

ウェスアンダーソンて、あざとさがちょっと…ってなるときと、あーいいなーというときがあるんですけど、これは良い。日本の文化をバカにしていると日本以外の人が憤っている記事を読みましたが、日本人全然思ってませんよ。大丈夫。

オンリー ザ ブレイブ

これね、全然観ようと思ってなかったけど、ちょっと評判良かったので観たら、観終わったあと立ち上がれないくらい打ちのめされたんだよ。終盤直前までは体育会系のね、熱い男の熱い話なんだけど、もうさ、熱すぎて泣いた。

ハン ソロ

私はこれ好きです。撮影監督がブラッドフォード ヤングだしね。絵がすごくいい。暗い暗いと言われるけど、その暗さがいいなと思うわけですよ。そして、みんなが期待するハンソロ像じゃなかったですか?新しいところがないという批判のレビューとか読みましたけど、新しさこれに必要?って感じです。ランドも最高ですしね。何よりL3-37が最高です。

ウインド リバー

2018年のわたしのベストです。とはいえ、作品は2016年のもので、例のワインスティーン案件なんですよね。でも、作品はとてもいいです。わたし、エリザベスオルセンがすごく好きなんですよね。すごくうまいと思うんだ。シェリダンの脚本に間違いなし、そして自ら監督。

ブリグズビー ベア

これまた、ベスト5に入る作品です。最初は全くノーマークだったんですけど、評判が良かったので、観に行ったら、涙涙でした。笑っちゃうのに涙。悪い人がでてこないのでほっこりします。

本国のポスターがすごいかわいい。このTシャツ欲しい。

ボルグ マッケンロー 氷の男と炎の男

わたくし、テニス観戦も趣味としていまして、これは良かったですね、有名な試合について描かれたテニス映画がもう一本あったけど、こっちが好きだな。ボルグとマッケンローというドラマチックな素材にも恵まれてた。ラストシーンは脚色なんだろうとは思うんだけど、最高だった。映像も綺麗。当時の風俗もよく描かれていました(キング夫人の方もよく描かれてたのでそこは好き)

ボーダーライン ソルジャーズ デイ

これね、脚本は変わらずテイラーシェリダンなんですけど、監督がヴィルヌーヴじゃなくて、かなりアクション寄りに撮られています。今回は直接マットとアレハンドロのことが描かれているのでかなり男臭かったですね。作品としては前作の方が好きですけど、これはこれで良かった。特にカーアクションやヘリのアクションがすごかった。

サーチ

これは本当に斬新だった。本当にPCの画面だけで完結してた。ストーリーもミスリードを誘ううまさがあって、最後まで飽きなかった。

ア ゴースト ストーリー

まだかまだかと待っており、観たら虜になってしまって、4回観た。監督のファンにもなってしまった(インタビュー漁りすぎ)すごく静かな、セリフも少ない(一部を除く)作品なんだけど、しかも、すごく限られた場所の話なのに、スケール感が実はでかいという、SFくくりじゃない感じなので、取りこぼされそうだけど、SF好きに観てほしい。ラブストーリーかと思って見る人はちょっと足元すくわれるのかも。


すっかり忘れていたけど、WOWOWで放送してて思い出したので、次点として付け足しておきます。

死の谷間

作品は2016年のもので、なぜか今頃公開。戦争か事故かは定かではないけれど、放射能汚染された世界から取り残された汚染されていない谷間に住む女性と、外からやってくる二人の男。静かなSFミステリー。宗教っぽさと嫉妬と策略と。キウェテルが最低にやな男なんだが…。マーゴットロビーはいい俳優ですよね。

このブロックで追加する方式、一部でそんなに評判が良くないんだけどなんでかな?すごく書きやすい。今、こういうエディターを使っているシステムとか結構あるから、それともフィットしやすいし、いいですね。

Solo: A Star Wars Stor

ハン・ソロ スターウォーズ ストーリー

日本のポスターかっこいいな

IMDb

日本公式

スターウォーズのスピンオフ第二弾、ハンソロの物語。金曜の夜に観に行く予定が行けず、土曜に行ってきました。都内最大六本木TCX、ドルビーアトモスで鑑賞。ブラッドフォードヤング(メッセージ、グローリーなど)が撮影監督ということで、海外での酷評(割と的外れ)を気にしながら行ってまいりました。

ネタバレしていますから、鑑賞後にお読みくださいな。

D社の公式ってフォーマット化されててつまらないね…。

Continue reading “Solo: A Star Wars Stor”