左から読んでもTENET右から読んでもTENET

というわけで、TENET3回見ました。

初回はIMAXで次の2回はドルビーシネマです。そもそもドルビーシネマが大好きなんだけど、実はこの映画アトモスじゃない(エンドクレジットで確認)けどまあ IMAX混み混みなので、ドルビーシネマでもいいじゃない!ということで丸の内で観た。

解説とか、解析とか賢いことは書けないので、そういうのは別のところでお探しください。

https://note.com/aish/n/n1b72002a1ec2
こちらのnoteは他のブログのこともまとまっているし、大変ためになるのでお勧め。

初回ではわからなかったこと、掴みきれなかったことがあったので、パンフレット買ったり、メイキングブック買ったり。このメイキングブックは買ってよかった。結構たくさんBehind the Scenesがあって、面白い。特に製作側の話ってなかなか出てないので面白い。

お勧めします。今はアマゾン品切れしてるみたいでした。

3回観た後に混乱してしまって、どうやって決まった日に移動してるんだ!というところが分からなくなり、破綻してるんじゃ…となったけど、この作品タイムトラベル(タイムスリップ)はしてなくて、10日前に戻るには10日分逆行するのね、それの描写がちゃんとされているのは軍隊であの日に戻るときのMAGNET VIKING号(黄色い船)のところだけ。そして、それもよくわかるようにではないのだけど、かもめが逆向きに飛んでいるというセリフとか外から戻ってくると酸素ボンベ外してるとか、アイヴスと話すところでわかるのかな、あと訓練している姿は逆回しになってる。それから、未来に行くことはない。

仕方ないけど、便宜上逆回しなのに観ている観客(どう考えても巡行)も一緒に逆回しワールドにぶち込まれることでさらによくわからなくなるのでは…例えば逆行中の船の中の会話は私たちにわかるように聞こえているけど本当は逆行しているはず(逆回転)でもそれじゃあ訳わかんないからわかるようになってる。

なんとなくこのあたりがあるために、作品として巡行逆行を書きたいために作った作品(まあ、そうなんだけど)に感じてしまって萎えるところがあるんですよねえ…。

オスロのフリーポートのシーンがすごく好きで、最初にニール(ロバートパティンソン)が一人で下見に行くところも(作戦を話しながら街を歩き回ったり、バスに乗ったりするシーンとのカットバックも面白いし、いかにもスパイものっぽい←公共交通機関でそんなやばい話してて大丈夫なのか…と心配になるけど)実際の作戦で二人で行くところも好き。飛行機突っ込むマヒールの軽妙さも好き。スパイものは軽妙さが必要だから。ここでニールが主人公が息を止めるために変な呼吸法になってるのを「ヨガだよ」って言ったり、「10秒なんだろ?」って言って追い出したりするのも好きだな。主人公のエスプレッソの持ち方も好き。ほんとになんでエスプレッソなんだろうな…。

他にスパイ物っぽくて軽妙なところがヨットが出てくるところ、最初にセイターに会わせろって言って、ボートに乗せてくれるかしら…となったところで「じゃ、俺のボートで」の後の構図とかあざといくらいにスパイものって感じだし、マヒールがキャットを乗せて行くときの構図もかっこいいーって感じで好き。ヨットの件も好きだな、ヨットってそっちのやつ!ってなる。

冒頭のオペラハウスの合言葉とかもいいし、スパイっぽさのあるところは結構好きだなあ。

最後の挟み撃ち作戦も嫌いじゃないけど、ここはなんか、逆行巡行入り乱れた見せどころ感がありすぎでちょっとなあ、ってなる。見せどころでいいんだけど。アーロンテイラージョンソンてなぜか兵隊っぽいの似合うな。ニールの動きもここはすごく複雑で絶対一回ではわからないと思うけど、どうなんだろうな。なんとなくはわかるけど、どうやって?となると途端にあれ?ってなる(今はわかってる、はず)

とにかくニールがいい感じで、鬱ロバートパティンソンはちょっと苦手だけど、陽パティンソンはとてもいい。ずっとこの人を苦手と思ってて、一昨年?ロストシティZを観た時に、初めて、あれ、この人ちょっといいかも…今回は嫌じゃない…となって以来の久しぶりの、いいパティンソンだった(いいのかもしれないな、と思った後のハイライフがちょっと作品もろとも苦手だった)手のジェスチャーとか、ダルダルに着ている麻のスーツとか、金持ちのふりをするときのダブルのスーツ姿とか。でも、本人好きになったのかなと思ったけど、TENETがらみのインタビューとか結構あさったら、やっぱりこの人苦手かもしれん…と思ってる。本人はどうあれ、いい時はとてもいい。オスロ以外に好きなのは、ラストシーン。ニールと主人公はグルグル回るループの中で出会ったり別れたりしているんだよなあ…。てなるしここのセリフもいいし、あのバッグにつけたチャームが涙を誘うよなあ。

個人的にはニール=マックスはないと思ってる。マックスが15歳くらいだったらあるのかな…と思うけど、そういう年齢的なものと、キャットが撃たれた後のキャットに接する態度が母親という感じはしないから。気になったから2回目も3回目もその辺りどこかでニールがそういうそぶりを見せるかと思って注意して見てたけど、それはなかったし。ラストの別れ際で主人公にとってはもう少し先に出会うって言ってたし。もう少し先ではあの小学生が大人になったりはしないよねえ…。まて、ニールがものすごい未来から逆行したり巡行したりしながら来てるんならあるか。でも、もう主人公はキャットには会わないんだもんな…。どこでマックスと出会うのよ…。

一番この作品でやだなーと思うのは、セイターとキャットの関係と、それが実はそれほど話に重要ではないところかな。そういう設定にする必要あったかな…。というのが一番ですな。ロシアの武器商人で美しい妻を持ち、自分が末期癌と知ったら世界と無理心中しようとするような男。と、その男に痛めつけられて生きている妻。どこに幸せだった形跡があるのだろう…確かにいいものを着ていいものを食べ贅沢三昧だろうけど、それとこれとは別だろうし。キャット側の気持ちに1ミリも寄り添えず、最後の最後まで寄り添えなかった。なぜ男たちが必死で世界を救おうとしていて、その一つの鍵がその手にあるのに、感情ひとつで手放してしまうんだろうとか、デビッキの無駄遣いじゃないだろうか。もう少しキャット側に狡猾なところがあったり、強さを見せてほしかったなあ。最後のやつはあれはただの感情的になった復讐だけだもんなあ…。飛び込みは美しいけど(高飛び込みの選手すごい)なぜそこだけアスリートっぽさ出すかよく分からない(荒唐無稽さがスパイ物らしさと言われるとぐうの音も出ないけど)あと、さ、タリンのフリーポートでセイターを撃とうとしてうまく撃てなくて足蹴にされてしまうシーンもこれいる?てなる。初回は思わないけど、2回目以降はこれ無駄じゃない?てなる。それ言うとその後のカーチェイスのバックで爆走する車で身悶えするシーンも弱々しすぎるよなあ…足が長くてすごいけど。全身金色で星ひとつ治めていた人ですよ(違う)

という訳で、TENETは今のところこれで打ち止めかなって思ってる。あまりにもこの二人を見るのが辛いというか、腹立たしいというか、そういう気持ちで。

まだ解明できないところもあるんだけどね。

プリヤは主人公に雇われたのだけど、多分どこかの時点で寝返っているんだよね。だから結局主人公に始末されてしまうんじゃないのかな。

エントロピーはこれを全部読んだら、なんとなく理解した。コトバンクありがとう。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%BC-38318

どこかでコーヒーとミルクを使って説明していたのもわかりやすかった。

他に読んだレビューとかインタビューとかふせったーとか

https://www.slashfilm.com/christopher-nolan-talks-robert-pattinson-starring-in-the-batman-and-the-precarious-theatrical-release-of-tenet/

https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/tenet-time-inversion-meaning-explained-travel-temporal-pincer-move-theory-ending-a9687836.html

https://screenrant.com/tenet-timeline-chronological-order-time-travel-inversion-explained/amp/

https://www.gizmodo.jp/2020/09/tenet-interview.html

https://fusetter.com/tw/dZddSP5X#all

https://www.esquire.com/uk/culture/film/a32943259/time-inversion-explained-tenet/

https://www.radiotimes.com/news/film/2020-08-26/tenet-time-inversion/amp/

https://www.cnet.com/news/tenet-explained-the-ending-and-all-questions-answered/

https://www.cinemablend.com/news/2553987/how-tenets-time-inversion-works

https://www.digitalspy.com/movies/a33653670/tenet-ending-explained-spoilers/

https://www.vulture.com/2020/09/tenets-neil-is-max-fan-theory-explained.html

https://www.vulture.com/2020/09/tenet-explained-whats-going-on-in-the-plot-of-this-movie.html

https://thedispatch.com/p/tenet-nolans-masterful-take-on-time

https://www.insider.com/ending-of-tenet-explained-christopher-nolan-breakdown-2020-9

NY Times↑ なぜかエンベッドされる…

https://theface.com/culture/john-david-washington-tenet-film-release-christopher-nolan-interview-robert-pattinson

カテゴリーfilm