1月に観た映画

1月に劇場で観た映画

リンク先はFilmarksの感想です。

ビューティフルデイ とウインドリバー は去年のベストに入る作品でとても好きなので、どちらも複数回目となるのだけど、早稲田松竹でかかっていたので観に行きましたよ。

今年の暫定ベストは「作家の妻」と「マイル22」かなー。
ベクトルが違うので、比べられないけど。とにかくマイル22はおかわりしたいくらい、アドレナリンが出まくる面白さだったんだけど、時間が合う時がなくていけなかった。マイル22はアクション群像劇という感じで、それぞれキャラ立ちも素晴らしかったよ。

ローレン コーハンが最高でした

作家の妻は、グレンクローズがとにかくすごかった。最近作家の伝記映画のようなものを結構見ていたので、余計に響く作品でした。ライ麦畑も同時にご覧になると良いのでは?女の足を引っ張るのは女、というのもあるかな。

このシーンと、ラストシーンの表情がマジすごい

蜘蛛の巣を払う女は結構期待していたんだけど(もちろんルーニーじゃないし、フィンチャーじゃないからなーというのはあったけど、それなりに面白くしてくれるのではと思って…)これ、構えていた以上にガッカリだった。クレア フォイの上品さはリスベットには不要なものだったな…。あと、脱げばいいというものではないけど、俳優の意図みたいなものを感じるとぐっと萎えるので、いろいろ考えてほしいと思った。脱がぬなら脱がぬのが自然なシーンにすべき。アクション映画としてはいいのかもしれんけど、深みとかなんもなかった。

天才ハッカーであることが大事なのに、ただのアクション映画になってたよ。

1月に家で観た映画

結構家で邦画を観てる。WOWOWでやるから、話題になったやつとかは見る。でも、まあ、なんだ、あんまり素敵な作品には出会わないね。多分、新しいジュマンジも観たね、ジュマンジ特集だったから。

ディオールと私が良かったかな。ドリスも良かったけど、作品としてちゃんとまとまってた(ドラマになってた)のはラフの方でした。案外グレートウォールは面白かった。