Youth

Youth

グランドフィナーレ(2015年 Paolo Sorrentino)(ギャガ 2016年4月16日)

http://www.imdb.com/title/tt3312830/

若さとはなんなのか、老いとはなんなのか。グランドフィナーレは言い過ぎじゃないかな…邦題よ。若さのいい感じの言い回しを見つけて邦題にしてほしかったな…。

とにかく、シュールすぎてすごく大好物なんだけど、ざっと感想などをググってみたけどそこに触れている人がいなくて、感動作!みたいなのばっかりなんだけど、俺の見方がおかしいのか…。


美しいスイスのリゾートホテル。毎晩光って回る舞台の上で繰り広げられる歌やパントマイム。古い友人同士の老いた男性が二人。

一人は有名な曲「シンプルソング」を作曲したフレッド。そのフレッドの元に女王陛下の使いの人がやってきて、女王の前でオーケストラの指揮をしてほしいと頼みます。フレッドはむげに断り、それを見ていたハリウッド俳優のジミーはニヤリとします。

もう一人は映画監督のミック。若いチームを率いて自分の遺言となる作品を撮ろうとしている。ラストシーンがまだ決まらない。

美しいスイスの風景、リゾートホテルで逗留する老いたお金持ちっぽい人々、ベルとともにやってくる従業員たち。なんとなく気だるく。

フレッドをマッサージする若い女性。歯列矯正。オフの日はダンスのゲーム。その姿が、何度もなんどもリフレインする。

旅行に行ったはずのフレッドの娘が、ホテルにやってくる、夫に離婚を告げられたからだという。夫は、ミックの息子。

仲良し

かつてこの人がへなちょこでなかったところを見たことなかった…。シュールな役どころなんだけどね…。すごく二枚目に撮られてる。

いちいち映像が絵画のように美しかったり、ミュージックビデオのようなスローモーションだったり、本当にミュージックビデオだったり。牛が指揮に従ったり、鳩時計が音楽を奏でたり。超絶長ゼリフだったり、あの人があの人に扮したり。あの神の手の人があんなことしたりあのカット長くてびっくりしたよ。その前の「左利き」宣言は声が出そうなほど笑った。ミスユニバースのど迫力バディ。あと、妻。妻、ラストシーンずるいだろ。あと、この人↓

映像としてものすごく好みだったんですよ。ツボを突かれた。パントマイマーのシャボン玉とか。たまらない。妻は怖かったけど。

おそらく、ストーリーだけを追っていると感動作なのかもしれないけど、本当にここで感動していいのだろうか…なにかのサーカズムとかが隠れていないだろうか…。これは何のオマージュなんだ!などと考えてしまいましてね。

Sun Kil Moonの弾き語りとか見れちゃっていいんですよね。音楽がね。牛のベルもね。

パオロ ソレンティーノて現代のフェリーニって言われている人なんですね…何も知らずに見てしまったけど、その感じはつかめてたのでよかったです。


2016/04/16 バルト9 シアター5 G列(ちょうどいい感じだった。スクリーンも満足サイズ)