ザ・ウォーク

The Walk(2015 Robert Zemeckis)(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2016年1月)

http://www.imdb.com/title/tt3488710/

綱渡りメインの日本のポスターとそうじゃない本国ポスター。やっぱりなんだ、誘導されるよなあ…。

本当に誇張抜きで、手に汗を握りました。手汗拭きながら見てた。

子供の頃に出会ったサーカスの綱渡りに魅せられたフィリップ(ジョセフ・ゴードン-レヴィット)がWTCの二つのビルにワイヤーをかけて綱渡りを成功させるまでの話です。

成功したのかどうか、あえて知らずに見ました。だから余計手汗かいた笑。

JGLは実際低い綱は渡っているんでしょうか(渡っているようです。フィリッププティ本人から指導を受けたらしいです、グリーンバックで演技する時も結構な高さで演技しているみたいです)そもそもジャグリングはしているっぽいので、この人の身体能力もどうなっているんでしょうね。それに、このフランス訛り。すごくキュートじゃないですか。実際のフランス訛りの人ってもっとわかりにくい気がするんだけど、この人のはわかりやすいし、他のフランス人はむしろあんまり訛ってない(一人は英語喋らないし)でもキュートなのでいいです。ニューヨークに行くために英語の練習をしているから英語で喋ろうっていう言い訳笑もいいですね。そうですもんね、みんなフランス人ならなぜフランス語で物語進行しない?っていう話ですもんね。

フィリップ本人がわかりやすい狂言回しとして出てくるのが、最初ちょっと馴染めなかったんだけど…。客に向かって話しかけるとか…まあ、そういうもんだと思って受け止めれば大丈夫。

サーカスで綱渡りをやっていた師匠のパパ・ルディ(ベン・キングスレー)もフィリップの身体能力に何かを見出したのでしょう、自分の子供に教えるのと同じように、むしろそれ以上にフィリップに技を伝授していきます。それにすごくいい人。フィリップを送り出すところとかね、グッとくる。

大道芸をやっていた時に出会うアニー(シャーロット・ル・ボン)もちょっとウィノナライダーを思い出させるようなお人形さんみたいなかわいさ。

写真を撮りに来たジャン・ルイ(クレマン・シボミー)にも計画を話して共犯者にします。このジャン・ルイがフィリップの大親友のようになるのがすごくいい感じです。

ジャンが連れてきた数学の先生がジャンフランソワ(ジェフ=チェザーレ・ドンボーイ)この人英語がしゃべれません。しかも、高所恐怖症。何の役に立つのか!と思っていたら、この人が意外と活躍するし、泣かせます。

ニューヨークで計画を実行している間に先にできていたノースタワーに忍び込んだ時に知り合うバリー(スティーブ・バレンタイン)はフランスでノートルダムで綱渡りをしていたのを見ていたというね、何という人を引き寄せる運がいいのか、フィリップは。

今度はインターホンみたいなの買いに行けば、そこでフランス人に会っちゃうし(ニューヨークにフランス人いないと思ってんのか?とか面白い)この時代の人みたいになってるジャン・ピエール(J.P. でも中の人はアメリカ人ジェームス・バッジ・デール)

ジャン・ピエールが連れてきたポットヘッズは、ちょっとハズレだったけどこれはフィリップのせいではないし…。

みんなキャラが立ってるし、帰りがけに大学生くらいの集団がオーシャンズっぽかったな!って言ってたけど、そういう感じで、楽しいくらいに計画が進んでいくんですよね。

3D効果が繊細だって言ってるのを聞いてたんだけど、本当でした。びっくり飛び出し効果は2回ぐらい。最初の綱渡りのところで棒が落ちてきた時はとっさに避けてしまったけど笑 ツインタワーの高さを実感するための3Dで、でもなんていうか高すぎてもう、怖いとかじゃなくなるんだよね。高さのせいじゃなくて緊張して手汗かくかんじ。もうね、寝転がったりしないでほしいです笑。わー、これでバランス崩したらどうするのー?って…。上着を落として下着だけどやるよ!ってなってるところとか、やだこれフラグ?とか思っちゃうし。

最後の方のジェフが本当に可愛くてねえ、いいですね。

↓これは本物。マン・オン・ワイヤーのシーンかな?きっとオフィシャルフォトグラファーのジャン・ルイが撮ったのでしょうか。ズボンの裾はもっと広いな。

マンオンワイヤーも見ようと思います。

それでですね、この映画、綱渡りが中心ていえば中心なんですけど、出来たてピカピカのワールドトレードセンターも主役なんですよね。本当に実在するかのように映されてて、今は存在しないことを忘れてしまうんですよね。

後半、あれ?もしかしてそうなんかな…って思い始めたら、もう、目から汁があふれてきてしまってね。最後の方に展望台のチケットの話とか出てくるところで涙腺は崩壊しました。そう考えると最初の最初から、フィリップがこのツインタワーの完成図に魅了されるところから本当に美しく描かれているんですね、神々しく描かれてる。初めてフィリップがタワーに触れる時も。

http://robbedpattinson.tumblr.com/post/136582870692/people-ask-me-why-do-you-risk-death-for-me


2016/01/23 109シネマズ木場 IMAX3D スクリーン2 L列

パンフレットもトレーシングペーパー使ってたりしていい仕様になっています。TWCのことも書いてあるし、いいと思います。720円。