007 スペクター

SPECTRE(2015年 サム・メンデス)

先行上映で見てきたよ。ネタバレ…してるかどうかわかんないから見てから読んでください。

image
image
image

source:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-00005117-cinranet-movi

今回はいっぱいバージョンがあるね→ポスター。そして、国内盤もすっきりデザインだね。

クレイグボンドの総括。悪の組織スペクターと闘います

image
image

アバンタイトルのメキシコでの一件は心躍るものだったし、すっげーカネかかってそう!!!って思ったんですけどね。なんでしょう、スケールはすごくでかいし、やってるアクションはびっくりさせてくれるものだったし、気の利いたセリフはあるし、ちょっとしたコミックリリーフもあったのに、全体として、そんなにわーってならなかったんですよね…。

今回はファッションがすごく気になってしまって、そればっかり見ていたからかも。 本当にカッコよかったものねえ、トム・フォードのスーツって必要以上にぴちぴちにできてて、それで動けるのか?って思うけど、結構あれで走ったり飛んだり跳ねたりできるもんだね。上半身のフィット感とか、ウエストのシェイプとかたまらないよね。パンツはぴちぴちでちょっと丈が短いのね。

image

窓から出てずんずん縁を歩いて行くところすごい。高所恐怖症じゃないのかな…。それとも写し方の妙なのかな。

葬式の時のスタイリングたまらない。

image
image

アクションが豪華すぎるとやっぱりちょっと、なんかおなかいっぱいになりすぎちゃうのかなー…ヘリも飛行機もボートも運転しちゃう(もちろん車も)ボンドすげーなーっていうね、なんだろう、イーサン・ハントの時はそこまで思わなかったんだけどね…(荒唐無稽すぎるからか)

気になったのは、最年長のボンドガールとかいってもてはやされていたモニカ・ベルッチの扱いですね。もっと内容に食い込んでくるのかと思えば、スカイフォールのセヴリン(船上シャワーシーンの人)よりも軽くなかったか?ローマの葬式のシーンはすごく綺麗で絵画的ですごく好きだったけれども、その後のキスシーンとか、あれ?これでもしかして出番終わり?となってだめ押しがあのよくわかんないボディスーツにガーターベルトみたいな格好ですよ。そこはベッドのシーツにくるまってる程度でよくね?それとも、そこまでで寸止めだったってこと?それに、期待していたほど美しさが保たれていなかったのはショックだったなあ…。

image

しかし!レア・セドゥが素晴らしく美しかった。彼女の着ているものもトム・フォードなのかな?

image
image

このときのドレスの美しさは、ドレス自体の美しさもあるけど、この絶妙な曲線ボディあってこそだよね。同じ曲線ボディのスカーレット・ヨハンソンとはなんとなく違うんだよね、モンローとバルドーみたいな感じかな。

image

この後の、これから何します?みたいなとこちょっと好き。

ただ、強気に見える彼女の終盤の弱っちさががっかりだったわー。「あたしもうついて行けない」みたいなこといってそんなの捕まるよフラグに違いないっていうくらいのあのシーン。いっそ、本当の黒幕はこの子だったくらいの展開がほしかったよ。がっかりだよ。

この体型でこそのこの衣装という感じですごく似合ってた。

image
image

Qもね、良かったんだけどね。なんだろう、もうちょっと活躍してくれても良かったのかな…活躍してるんだけどあんまり立ててこなかったよね…ベンジーぐらい立っててくれるといいのになあ。ベン・ウィショーの「ダブルオーセブン」の発音がなんか好き。なんかがちょっと違うよね。

image
image

他に好きだったのは、ほとんどセリフ無いけど、結構な存在感だったバウティスタですか。不死身すぎると思ったけど、いなくなりましたね。生きててほしい笑。

image

マニーペニーが前回のようなゴージャスさがなくなって、超庶民的になってて残念だった。マニーペニーだから仕方ないのかなあ。でもあのオーラの減少はちょっとどうかと思うよ。

image

↑と↓では同じオフィスワーカーとしても全然オーラ違うよねえ…。

image

Cは出てきたときから怪しすぎた。

Mはあれ?っていうくらい中の人が老けててびっくりした。

オーベルハウザーは…思ったよりも小物すぎててアレレとなってしまった。全然こわくなかった。やっぱりこわかったのはシルヴァですかね…。もうちょっとなんとかならなかったのか…。そんなに世界征服感がなかったんだよなあ…。

image

これは痛かった。

009って誰想定なんだろうな…。

スパイ映画がたくさん公開された年の締めくくりすぎて、これはあれで見たやつ。とか思ってしまうのが残念なのかも。上の拷問のも新しくてスタイリッシュだけど、MI:5ほど新しすぎないし、かえってルディおじさんのやつの方が味わいがあるな…とか。組織の中に別の組織とかMI:5ぽいよね…。とか思ってしまって…。通信機の代わりにナノマシンとか…新しいすぎて逆になんかなーってなってしまうのは、UNCLE好きすぎだからでしょうか笑。


新宿TOHOシネマズ スクリーン10 J列

パンフレットは普通です。720円。