Dark Places

Dark Places(2015年 Gilles Paquet-Brenner

邦題未定

http://www.imdb.com/title/tt2402101/

東京国際映画祭の出品作品として見ました。日本公開は未定なのかな?ネタバレしているかもしれないので、未見の方はキヲツケテお読みください。

image

子供の頃の記憶なんてねつ造だよね

ゴーン・ガールの原作者のジリアン・フリンがこの映画の原作でもあります。スリラーのように見えて、スリラーっぽさはあんまりありません。そういう話を書く人なのかな…。

配役は豪華です!

リビー・デイ(シャーリーズ・セロン=フュリオサ)は8歳の時に家族全員を殺されるという事件に遭い、犯人が兄であったこともあり、有名になって、30代になった今も一度も働いたことがなく、基金のようなもので生活してきましたが、いよいよお金が底をついてしまいました。

本当にこのリビーがダメ人間すぎてめっちゃ感情移入しちゃった笑。

image

めっちゃ手癖悪いですよ。

現在軸で進む話の間に回想として事件当時の話が挟み込まれる体で進みます。

家賃も払えないしどうしようかなーって寝転がってたら、手紙の中に(昔はたくさん励ましの手紙をもらってた、小切手が入ってることもあった)ライル・ワース(ニコラス・ホルト=ニュークス/ビースト)と名乗る人から、金払うから事件のこと話さない?ていうのがあって、そいつと会うことにしたことから、話が展開。

ライルは「殺人クラブ」ていう、殺人事件に関することを話す同好会みたいなのを主宰してて、そこでリビーに事件のことを話せというんだけど、最初に会ったコインランドリーで、リビーにめっちゃ警戒される。全く信用されてない。ライルはコインランドリーの持ち主でもある(しょうもない不労所得者)からちょっとお金持ってるから、カモにしちゃおって思ってたんだよ。ライルがポケットからじゃなくて財布からお金を出すところとかちょっとツボった。

「殺人クラブ」の人たちは兄のベン(コーリー・ストール=アントマンのイエロージャケット)はえん罪なんじゃないかと思っていて、あと3週間で証拠が破棄されてしまうからそれまでに再審を!といっているんですね。割と真っ当(メニアックではあるけど)

image

クラブですごく目立ってるこの人はジリアン・フリンその人だそうですよ。

リビーは兄に面会もずっとしてないし、どうでもいいと思っている節があるんだけど、ライルに言われて面会に行く。面会に行ったら、まあ、お兄ちゃんすごく優しそう。

image

昔のお兄ちゃん(タイ・シェリダン)は、ちょっと暗くて、反抗期で、悪魔崇拝をしているといういかにも捕まっておかしくない風なんだけど、でも、そこまで悪い子には見えないんですね。

image

ただ、お兄ちゃんがつきあっている金持ちの娘(ディオンドラ/クロエ・グレース・モレッツ=ヒットガール)がこれ悪そうなわけです。すごく悪そう。しかも、孕んでる。

image

調べていくうちに、リビーも気になってきて、深入りしていくんですね。

精神的に参りそうになったときに、案外ライルの気楽な気休めが効いたりするんですね。

image

ライルはなぜか、結構しつこく、ちゃんと調べるようにって言うんだよね。全体を通してみると、こいつ天使か?とか思いますね。いや、ひいき目じゃなく。天使じゃなくてもなんかの守護神みたいな。

image

事件の真相は思ったより意外でした。いろいろ重なってるし。

でも、そんなにたたみかけるように…とかでもなく、割と淡々と?話が進んでいくし(時間の配分がアレかな?)最後の最後にはほっこりしてしまうので、小作品としてさらっと見るのに向いているかな、という感じでした。

途中ちょっとわかりにくかったのは、リビーが今住んでいる部屋は事件のあった家ではないのに、ここがDark Placeだみたいなこと言ってたところです。あんまり字幕見てなかったからかもですけど。

ニコラス・ホルトは、ハンク・マッコイの時の雰囲気にトニー(スキンズ)足した感じでした。ひょうひょうとしているところとおどおどしているところが共存してた。

シャーリーズ・セロンは、ほとんどノーメイクでして、プレミアなどに出てくる時はやっぱり最高に盛るんだなあ…という気はしましたが、たいへんおきれいでした。首の後ろ、指とかに入ってるラインのタトゥーも良かったね。デロデロになってるTシャツとかデニムとかも。

image

結構普通にみんなたばこ吸ってて、アメリカ映画っぽくなかったな…。

それから、リビーが身につけていたアクセサリーがいちいちかわいかったのだけれどどこのだろう…。サンクスのところにラグ&ボーンとか、Acneとかあったけど、もっと無名な感じだった。


image

途中からお母さん役の人のおっぱいがすごく大きいことに気がついてしまい、わーと思ってそこから目が離せなくなりました←バカか


新宿TOHOシネマズ スクリーン5 J列