A Single Man

シングルマン(2009 トム フォード)

http://www.imdb.com/title/tt1315981/

※2015/07/26追記しました

image

今日死のうと決めた男のたいへん美しい一日です。

image

一番印象的なシーン。酒屋の前なんですけどね。

主演はコリン ファースです。大学の教授です。文学なのか哲学なのかなんの教授なのか分らないけど、文系の教授です(多分、数式を板書してたりしないから)

image

ジョージ(コリンファース)は8か月前にパートナーのジム(マシュー グード)を交通事故で失ってそれからずっともやのかかったような毎日を過ごしていました。そして、今日死ぬことに決めているようです。最後の一日に回想や妄想が絡まって、それは悲しく美しい、どこを切り取っても絵のような映画でした。

すいません、ニコラス ホルトがでていたので見ました。すっかりご執心です(だってうまいんだもん)(タイプではありません)

ゲイなんだけど、一度チャーリーという女性(ジュリアン ムーア)とつきあったことがあります。そのあとで自分がゲイであることを認識したのと、ジムと出会ったことでそれ以来ジムと16年一緒に暮らしていました。ところが、ジムが帰省中に交通事故で亡くなってしまいます。報せを受けたのはジムが亡くなってから数日後で、葬儀にも出席させてもらえず、家族は知らせないようにといっていたのですが、兄弟が電話をかけてくれたのでした。その時も、ジョージは泣きながらチャーリーのところを訪ねています。

ジムの交通事故のシーンにジョージが現れて亡骸にキスする夢を見るシーンがあるのですが、夢と気がついたときの切なさったら…。

image

ケニー(ニコラス ホルト)という学生がジョージに興味を持って近づいてきます。若干ストーカー気味です。ストーカー気味ですが、天使のようなふわふわです。講義のあとでまとわりついてくるのですが、なんかもうね、すべての仕草とかなんかやることなすことクールなんです。すべての人がダサいことがない。

image

そうそう、背景としてはキューバ危機の頃のアメリカ西海岸です。ジョージとケニーの衣装はトム フォード自ら用意したそうです(あとの人は衣装さんが用意)ケニーは真っ白です(中はチェックシャツだけど)

隣にいる子は仲良しの女の子です。60年代のヴァンプて感じでクールな感じ。はっきり言及しているわけではないけど、ケニーはゲイのようです。そして、ジョージがゲイなのを嗅ぎ取っている、しかも、ジョージがなにかよからぬことを考えているのでは?と分っているようです。なんでしょう。本当に天使なのか…。

image

教授をナンパ。ちょっと髪の色が明るい。

image

バイクに乗っているんですね。

大学の机もきれいにし、銀行の貸金庫もきれいにし、チャーリーに最後に会いに行くので酒屋に行ったところでこれまたきれいな男の子とぶつかります。

タバコをすすめるこのカルロスはジョン コルタジャレナというスペイン人のモデル上がりの俳優さんで、トム フォードのお気に入り(ミューズ/男の子でもミューズっていうのかな…)だそうです。スペイン訛りで、ちょっとセクシーすぎる役どころでしたね。こっちにフラッと行っちゃうかな、くらいの。

image
image

身仕舞いの支度を調え、どうやって死のうかシミュレーションします。ここはちょっとコミカルな感じがありました。しまいにはなぜか寝袋まで出してきちゃって…。

image

ここから先は、見てから読んだ方が楽しめると思います。

書いてないけど、隣の家族との関係も微妙な感じで描き方が好きです。子供は残虐。

image

一旦準備が整ったところでチャーリーを訪ねます。

わたしはなんか、ジュリアン ムーアが苦手でしてね。ついこの間観た「メイジーの瞳」でも、ほんとなんかうざいなーって感じで。役柄的にウザイのは仕方がないのだけれど…。そのあとで「マグノリア」もちょうど見ちゃったんだけどこれでもちょっとウザイでしょう…。なんかヒステリックな雰囲気がある人って苦手なんですよ。

閑話休題、ちょっといい雰囲気になったりして、チャーリーはまたやり直せないかなーみたいなことをうっすら言うわけです、でも、気持ちは決まっているからジョージはいろいろはぐらかして帰ってくるんですね。まんざらでもないっていうこともない感じなところはよかったです。ここでまんざらでもないなーみたいにされたら、がっかりする。

折に触れ、ジョージはジムとの出会いのこととか、幸せだった頃のこととか思い出したりしてるんですね。切ない。

image
image

酒が切れてたので近所のバー(ジムと出会ったバー)に買いに出かけます。庭先にケニーのバイクが駐めてあって、小枝を踏むような音がするんですね。

案の定店にストーカーのケニーが入ってきます。ここで、スッと受け入れてしまうんですよ。まあ、子供ですしね。一杯やって帰ろうくらいに思ってたんだろうけど、話の流れで真夜中の海水浴に出かけます。まっぱで。溺れそうになってケニーに助けられます。

image

しょうがないのでびしょ濡れ天使を家に連れてくる。

ジョージが額に怪我をしていて、家に上がり込んだケニーがバスルームでバンドエイドを探すところでジムのヌード写真(ジョージが大事に持ってたやつ)を見てしまったときの「確信」みたいなちょっとした表情がよかったです。

image

バンドエイド貼ってあげます。

ケニーは一服盛ったのかなあ?最初にドラッグについてしつこく質問してたからなあ…でも、特に何もすることなくソファーで毛布かぶって全裸で寝てたよな…銃を抱いて…。ジョージは起きたら3時だったんだよね。そんで、その天使の寝顔を見てもう死ぬのはやめにしようと思って、銃を引き出しにしまって鍵をかけたんだよ。そこでフクロウを見たのはどんな意味だったんだろう。

最後がね、予想もしてなかったことが…

そういえばそんな伏線張ってたよね…て。

(2015/07/26追記)その時に現れるのがジムなんですよね。ジムはブラックスーツ(と思われる)を着て現れます。このシーンはたいへん美しい。ほんの15秒くらいのシーンだけど。多分あれは死神だな。

→トレイラー https://youtu.be/sC9Zm1UJ7zs


プレミアでのトム フォードとキャスト

image

この後か先か分かんないけど、ニコラス ホルトはトム フォードのキャンペーンモデルやりますね。お気に入りなん?

image