MAD MAX Fury Road
マッドマックス 怒りのデスロード

マッドマックス 怒りのデスロード(邦題盛りすぎ)

http://www.imdb.com/title/tt1392190/

RottenTomatoで98%とか異常じゃないですか?

image

祭です祭。山車です山車。砂漠をイッテコイ。

先週から今週にかけて、マッドマックスを見直しての万全の体制で鑑賞です。(とはいえ、1は流し気味でしたけれども)(1も大事なところは大事なんだけど…ひゃっはーが足りないのですよ)

こっから先はこれから見る人は読まない方がいいと思います。わたしもね、かなり情報を入れないようにして観たのですごく楽しかったから。パンフレットも買って損なしだと思います。

メル ギブソンからトム ハーディに変わってのマックス、非常に無口でした。

image

確かにマックスが主人公なんだろうけど、フュリオサがほぼ主人公であり、大活躍するのは元ウォーボーイズのニュークスですし、なんでしょうね、マックスがいるから他の人が動くっていうのはあるんですけれども、トム ハーディかわいそう。脇に食われてる…と思いながら観ていました。

image

シャーリーズはカッコいいなあ。思ったより頭の形がすごく美しいっていうことはなかった。意外。左肘から下がなくて、義手をつけていますがこの義手がまたカッコいい。

image

2回くらい泣きそうになったのと、わけも分かんないんだけど、エンドロールみてたらグッとこみ上げてくるものがありました。まあ、泣かないんですけど。なんでしょうね、自己犠牲ですかね、自己犠牲が美しすぎず描かれていてグッときましたね。

イモータン ジョーが統治していて、油田(ガスタウン)は別のところにあるんですよね、それぞれが兵隊持ってる。ジョーのところはウォーボーイズっていう白塗りにパンダ目の男の子たちの兵隊です。

image

そこから、油田までトレイラーを運転するのが大隊長フュリオサ、が、途中で迂回するっていいながら、逃亡することから物語が始まります。

といいますか、ここでイモータンジョーとか出動しすぎじゃないですか?確かに通信ができない世界だとやっぱり大将も戦場に行くものなんでしょうか…。

単純にマックスは巻き込まれ系なんです。自分でなにかを使用としているわけではないんですよね。それにしてもハイオクO型てなんだろう…。ニュークスもハイオク輸血したからってハイパーになってたし…。

ここでニュークスというウォーボーイズの一人が目立ってくるわけなんですけれども、この子がちょっといいんですよ、なんか見たことあるけど、誰だか分らないなー…という風情でしてね。白塗り、胸にでっかいV8のスカリフィケーション、スカルメイクに坊主頭。

image

イモータンジョーのために早く死にたい、名誉の死を遂げたいみたいなことを思っているんですが、ことごとく失敗するうちに、イモータンジョーの元には帰れなくなり…。

image

鎖切れないからつながってるやつ(ニュークス)まで一緒に連れてきちゃったマックス…。やることが雑すぎる笑。

誰だか最後まで分かんなかったんだけど、ニコラスホルト(ビースト@エックスメン)でしたよ。かなりがりがりっぽくしてたしメイクしてたからなあ。気が狂ってる演技がすごいうますぎた。そのあとの変わってからのニュークスもすごくよかった。惚れた。最期もかっこよすぎた…。

image

とにかくキャラクターありきというか、人の作り込みと車の作り込みがすごい。ウォーボーイズもさることながら、油田チームから派遣されてくる軍隊は黒づくめで、途中でフュリオサたちを襲ってくるヤマアラシみたいな車に乗ってる人たち、谷にいるバイカーたち(モトクロスバイク)、気味の悪い沼?にいる竹馬族、おばちゃんバイカーたち…。

image

フュリオサの幼なじみのこの人かっこよかったんだけど、出番すぐ終わって残念だったわー。

image

子供を産むための若くてきれいな女の子たち。全員モデル並み(まあ、モデルだけど)で、おばちゃんたちに『同じ人間とは思えん』といわせるあたり…。

image

貞操帯さえカッコいい…。

そして、何はともあれドラムワゴンですよ。太鼓を載せ、アンプを載せ、ダブルネックのギターを載せて戦闘にはまったく参加しないけど、士気を高めるためだけにあるんですよ、すごいね、アレを考えついたこと自体がすごい。

image

あととりあえず、口に入るものは食べますね。あれ、2回出てきてウケた。

もう一回観たいと思います。今回はTCXにしたんですけど(IMAXが混みすぎてて)多分、広がりがあった方がいいのでTCXがいいような気がしました。どこまでも続く砂漠、360度地平線。ドルビーアトモスなら音もいいですしね。大音響からの静寂はグッとくる。

新宿TOHO スクリーン9 K列