Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

バードマン(あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

マイケル・キートン

http://www.imdb.com/title/tt2562232/

image
image

海外のポスターはいいよねえ…それに引き替え、この日本のポスターの幼稚なこと。中学生がレイアウトしたのか…。日本のポスターはやっつけなんですかね、本国もこれでいいのか?配給の勝手なのか…。絶対1枚で全部お話を入れてしまおうと思いすぎだよね…。1枚で分るなら、映画見なくていいじゃん、バカか。

image

そんなわけで、やっとバードマンを見てきました。

かなり面白かった!ていうか、ドラム!

ドラムのソロがいきなり始まります。セッション(ウィップラッシュ)が始まるのかと思った人が3割ぐらいいそう笑。

image

洒落てるよね。

全体的にね、なんとなく洒落てるんだよね、この映画。なんだろう。

あらすじ的なもの
リーガン(マイケルキートン)はかつてヒーローもののバードマンの主役でハリウッドで活躍したけれども、その後鳴かず飛ばずで、名誉挽回のためにニューヨークはブロードウェイでレイモンドカーヴァーの作品を監督脚本主演でやろうとするのですが…プレッシャーといろいろうまくいかないことがありすぎていろいろ狂っていきます。

ほぼ、楽屋と舞台のみで完結しています。楽屋のプロップとかもすごくいい。

image

どうやって撮ったのかは薄々分るけど、編集すごいな。

どんどん狂っていくマイケル キートン。狂っている自覚はあるけど、あさっての方向に自覚しているような気がした。

image

とにかく笑うところが結構あって、なんていうか、シニカルな笑い。

ちょうど観た劇場では、4分の1くらいがなぜか、英語のタイミングで笑う人ばかりで、もしかして国際色豊かだったのかも?すごく面白かったですね。あれね、字幕ってセリフ終わらないうちにオチを書いちゃったりするの、どうにからないのだろうか。

image

エドワード ノートンはあんまり服着てないですね。思ったより全裸じゃなかった。あのシーンはドッカンドッカンウケてた。

エマ ストーン、よかったです。こういうはすっぱな役は珍しくないですか?かわいい墨が入っていました。

image

このシーンもそうだけど、各人が急に、全身全霊傾けて演技するというシーンがあるんですよ、あれはわざとの演出ですよね。

image

どういう経緯でこのシーンに行きつくのか?と思っていたけれども、これは面白かった。アカデミー賞でのパロディがやっと分りました。

追い詰められてここに行くところ、なんか好きですね。このシーンがちょっとふぁーってなる。きれいなの。

image

この後バードマン出てきてドッカンドッカンやるけど、あそこはなんだろう。夢なのかな。後ろに座ってた女の子がピンチになると「はわわわ…」ていってて面白かった。もう一カ所もめっちゃ反応してた。最後の最後も「ひょえええ」て言ってた。面白い。わたしはこういうひと割と嫌いじゃない。

他にはインタビューのところとか、日本人笑われてるし…。

ワンカットだけど、シーンは分れているからあれですよね。シーンも分れていないのかと思ってたので、割と普通じゃんと思った。けど、このインタビューのところはすごくいいと思った。

本番の舞台に行くところの狂った感じと、唐突に現れるアレが最高によかった。

いや、あのおばちゃん、全然褒めてないやんな。偶然よくなってたよね…っていう言い方だもんな。

で、蛇足をつけるところがまたよかった。

蛇足なければ凡庸だったもんね。

蛇足のところ、わかりにくいけど、これは解釈は見てる人に任せますっていうことだよね。どうとでも取れるし。

バベルもそんな終わり方じゃなかった?

21グラムは見てないけど、そうなのかな?

私的にウケたのは、冒頭の代役を探すところでヒーローものの役者が連呼されるところ。ダウニー、ファスベンダー、レナー…。それから最後の夢?のシーンでコスプレクラスの人たちが踊るところもウケた。

image

あと、バードマンの造形かなりちゃんとしている。

確かに、廊下の絨毯はシャイニングでした。

わたしは基本的に好きなシーンがいっぱいある映画は好きなので、コレもすごく好きです。印象的なシーンをつなぎ合わせてる感はある。

2015年4月24日 新宿TOHOシネマズ スクリーン1 F列
パンフレットは雑誌仕立てになっていてなかなかいいです。途中からフォックスの宣伝になってるけど。