Dear John

親愛なるきみへ

http://www.imdb.com/title/tt0989757/

昨日ジュピターの感想文で、ちょっとしたチャニング テイタムブームが来ていると言ったので、ついでにこれを書いています。

2010年の作品だそうです。これ、GIジョーよりあとですか?(チラッと調べたところでは後のようですけど、どうだろう撮影は先かなあ…)

本当はアマンダ目当てで見たんですよ。アマンダ大好きなんで。かわええよねえ。

image

原作は「きみに読む物語」とかで有名な作家さん(ニコラス スパークス)で、プラトニックラブ上等、一目惚れは正義、不倫は絶対悪という人だそうですよ。まさにその通りなストーリーです。

特殊部隊のジョン(チャニング テイタム)が休暇中にサーフィンしてて、ちょっとしたハプニング?で一目惚れしたサヴァナ(アマンダ セイフリッド)といい感じになるんですけど、2週間で休暇が終わって遠距離になるんですよ。でね、手紙を書くんです。だから「Dear John」なのです。邦題だとどっちかっていうと男性から女性に書いているっぽいことになる気がしないこともない。

アマンダが弾き語りする曲とか、全体にSSWな感じのBGMなのもいいです。おしなべて切ない系。

image
image
image

なんでも包み隠さず書きましょうという約束をするんです。

image

ジョンがいないときにお父さんに会いに行っちゃったりすんの。お父さんもちょっと好きなんだよね、サヴァナのこと。

image

お父さん(リチャード ジェンキンス)がちょっとかわいい。コイン集めが趣味です。これがもう一つの大きい軸になってる。お父さんとジョンの関係。

お父さんはちょっと変わった人でね、サヴァナはそういう心理カウンセラーみたいな勉強もしてて、お父さんのことを自閉症(autisticていうんだね、artisticと聞き間違えました)だって言うんです。ジョンは怒るんだけど、実際そうっぽい。軽度の自閉症かなあ…。何曜日に何を作って食べるのとか決まってるの。

1年たって休暇で帰ってくるんです。18時間くらいしか滞在できないんだけど。この喜びよう。かわええ。

image

本当は除隊するって言ってたんだけど、9.11があって除隊しにくい状況になって、このときも無理矢理帰ってきたのね。

お父さん連れてサヴァナのうちのパーリーに行くんだけど、お父さん途中でやっぱダメダーになってしまうのですよ。その時のお父さんもちょっとかわいい。サヴァナ家はお金持ちなのかな?お父さんは政治家?家柄はちょっとね、合わない感じなんだよね、そこもちょっとツボった。その時までサヴァナは除隊して帰ってくると思ってたんだよね、ちょっと喧嘩する。けど、ちゃんと仲直りしてまたジョンは任地に戻っていくのですよ。

がんばってきれいめカジュアルにしているジョン。

そのうちになぜかサヴァナからの手紙が届かなくなって、すんごく久しぶりにきた手紙には、別の人と婚約したって書いてあったのですよ。

サヴァナは別の人と結婚してしまって(それもなんかなあ、正当な理由って言うかそういう感じがするようになっているんですよ)自暴自棄になって、ある日任務中に、肩を撃ち抜かれてしまうんだけれども、それでも任務を続けてるんです。サヴァナのことだけを思ってね。

父子家庭で、お父さんそんな感じで、いろいろたいへんで昔は悪かったんだってよ、ジョンは。基本はいい人。お父さんが倒れてやっとアメリカに帰ってくるんです。お父さんに手紙を書くの、で、読んであげるのですが…泣きます。

で、そのお父さんが亡くなって、その時にサヴァナと会うんだけど、サヴァナがちょっと変わってしまっているんですよ、でも、結婚しているからジョンは何もしないんです。ていうか、できないのか。

image

サヴァナとの関係とか、お父さんとの関係とか、なんかねえ、泣くよ。

image

See you soonが合い言葉です。

ムービープラス 2015.3.11(のあと何度も見た笑)