Love and Other Drug

ラブ&ドラッグ(2010)

image

シネマトゥデイ

この映画のドラッグは危険じゃない方のやつです。

ジェイク・ギレンホールが好きなんで、録画して見ましたよ。

でも、思ってたのと全然違った。

日本のポスターはもっとポップな感じのやつです。でも、話のイメージとか全体のトーンからいうとあのポスターは全然合っていませんね。

ちょっと悪さしたら会社をクビになったので、ファイザーのMRになるべくがんばりました。ちょうどバイアグラの発売と重なってイケイケになりました。でも、好きな人はパーキンソン病のファーストステージです。まあ、病院でナンパしたので、分っていたことですけれどもね。

最初は、ドラッグイコール悪い薬(ヤク)のことと思っていたので、どこでこの人の悪さが出てくるのか…と思いながら観ていましたが、なかなかそうならず、アン・ハサウェイもジェイク・ギレンホールも、全裸で演技していました。

マギー(アン・ハサウェイ)は若年性のパーキンソン病で、最初はジェイミー(ジェイク・ギレンホール)とのことは遊びだと思っていました。というか、お互いに遊びよね、と思っていたのです。

見ている方も、そうだろうと思いながら観ていると思いますが、だんだん、あれ、これもしかして最後は泣かすやつ?と思いましたら、その通りでした。

元々は、原作?があってそれはファイザーに勤めていた人の手記で、恋愛パートのないものだったようです。つまり、プロザックのイーライ・リリーに押され気味だったファイザーが盛り返してバブルになるところの話。

これがアザー・ドラッグの部分です。

ラブのパートはオリジナルで、後半はそっちが主になっていきます。

恋愛パートの書き方は結構王道だと思います。くっつく、別れる、くっつく、別れる…みたいなの。そこに不治の病が絡んでくるというやつです。

アン・ハサウェイは大変きれいですね。そして惜しげもない感じです。この人おっぱいとか平気ですね、基本的に。ジェイクもね、全裸とか平気なタイプですね。なので、肌色率高いです。

笑えるところもちょいちょいあるので、鬱展開にはなりません、特にジェイミーの弟、鬱になりそうなのはこいつなんだけど、なりません。

見ても損はないと思いますが、なんかちょっと長かった。もっときゅっと縮めることは可能かと思います。

マギーの家がちょっと素敵でしたね。ヒッピーぽいけど、今っぽい。ヒップスターな感じです。

image

2014/08/15