The Bourne Legacy

ボーン・レガシー(2012/トニー・ギルロイ

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり……。

WOWOWで録画したのを見ました(2014/08/03)

トニーさんはボーンシリーズの脚本家。ダグ・リーマンの一作目は好きだけれども、これはB級だった。

ボーン・アイデンティティと同時進行らしいです。でも、場所はニューヨークではなくマニラ。最初のシーンはなんか山の中。

そして、主演は俺の中ではホークアイ(アベンジャーズ)のジェレミー・レナーと、ボーンシリーズのスピンアウト感が満載すぎる(←ジェレミーが主役級の俳優とは思えないので)実際スピンアウトなんだけど。

山の中でなんらかのトレーニングをしているアーロン・クロス(ジェレミー)の命が狙われるというのが大筋なんですが、その狙われる理由というのが超人セラムを打ってCIAに都合のいい諜報員を作ろう計画がばれるの怖いから全部殺しちゃおう!というものだったりするわけで、他の被験者は簡単に薬一錠で殺されているんです。

ジェイソン・ボーンも同じような計画の被験者の1人らしいです。これ、続きのやつ見てないから見た方がいいのかな…。ボーン・アイデンティティは面白かったですよ。

いろいろご都合主義だったりするんですが、まあ、テンポの速いバイクチェイスとかで最後まで持って行かれます。

これ、スケールがでかいのか小さいのかがすごく分りづらい…。

レイチェル・ワイズは、美魔女認定ですね。あんまり年をとらない…。それにいつも賢い設定だったりする印象です。博士とかそういう系の。そんな研究ばっかりしてる人があんなに走れないと思うけどなあ…まあいいか。

結局、2人で逃避行なんですよね。なんだか、ちょっとした007気分ですね。レイチェル・ワイズはダニエル・クレイグの嫁。