Sunshine

サンシャイン2057

サンシャイン2057がDlifeでやってたので録画しました。そういえばだいぶ前に真田広之がハリウッド映画に出ます(良くあることだけれども)って宣伝してたような気がします。(2007年の作品です)

きっかけは、単に検索して録画の際に「クリス・エヴァンス」と入れたからですよ。しょうもなくてすいません。

あらすじ: 50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機にさらされていた。人類最後の望みを託されたのは、宇宙船イカロス2号に搭乗した船長(真田広之)や物理学者のキャパ(キリアン・マーフィ)ら男女8人のエリートたち。彼らは可能な限り太陽に接近し、太陽を再生させるという究極の任務に挑もうとしていたが、想像を絶する異常事態に巻き込まれてゆく。yahoo映画

image

観てから調べたら、ビーチのコンビじゃないですか。だから途中から最初の目的と違う方向に行っちゃうのか…。いや、いいんだけど。

主演はキリアン・マーフィーでした。誰これ、カッコいいじゃない。と、分らない程度の私です。上のポスターでは当然キリアンが先頭を歩いていますが、日本のポスターは先頭は金田船長(真田氏)だったようです。

クリス・エヴァンスはメイスというエンジニアの役です。

宇宙船というのはそれぞれのエキスパートが乗っているんですけど、やっぱりひとりとかふたりとかしか乗ってないんですよね。それはもう大変。

真田さんの船長はなぜか船長なのに船外活動してて(エキスパートだからに違いない)早々に太陽に飲まれてしまいます。

途中からなんかね、オカルトっぽい流れになっていくんですよ、後はお決まりの仲間割れ?

仲間割れ最初からしてるのはメイス(クリエバ=最初の方はぼさぼさの髪に髭で誰かと思ったよ)でしたが、最後の方でなんだかリーダーシップ的なのを発揮したり、自己犠牲したりして、ああ、これはキャップやるわ…って感じでした笑(どうしてもその目線から離れて考えることはできないのよ!FFとか見てなくて本当によかったと思います→ヒューマントーチ=チャラ男)

ものすごくセットとか、衣装(といっても宇宙服)とかにお金かけてる気がしました。でも、宇宙船の外観とかはこれで居住区うまく動いてるんかな?とか思う。太陽の映像はきれいだけどね。きれいなのとオカルトもつながっているからね。

どうなんだろう。人間ドラマか?と思わせて、ちょっとオカルト。全人類のために数名が命をかけるっていうありがちなテーマにちょっとオカルト載せてきたねって感じですね。

そもそものミッションが成功するのかどうかが今ひとつ賭けみたいな感じでしたし。AI暴走か?と思わせて、そうでもなかったですね→もっとオカルト。AIって必ず暴走しちゃうよね、宇宙に行くと笑。