X-MEN Days of Future Past

X-MEN フューチャー&パスト(なぜかタイトルに和文が表示されないので、邦題はここに書きますね)

X-MENシリーズは1つも見ていないのに、果敢に観に行ってきましたよ。なんとなく、見ておこうかなーくらいのムードで。

新木場シアター1(IMAXでも3Dでもありませんでした)(しかもお得なレイトで見た)

あらすじ: 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。Yahoo映画

image

とにかく、X-MENシリーズに対する私の知識と言えば「ウルヴァリンはヒュー・ジャックマン」くらいの知識です。あと、ミュータントらしいと言うところ(後付けで強くなったりしていないところがアベンジャーズとは違うらしい)

後で読んだけど、これはシリーズ見ていない人も楽しめるよ、ってヒューが言ってたらしいです。まあ、楽しめた。特に前半。

始まっていきなり、もう終わり、みたいな状況なんですよ。断末魔みたいな。

そこで、ウルヴァリンが70年代に送られるとムードが一変してのんびりします。実際はのんびりはしてないですけど(だって、危機がそこまで迫っているのだから)

前半のピークはやはりクイックシルバーでしょう。彼はいいですね。撮影もビュレットタイムっぽい感じでクイックシルバーがどんだけ早く動くのかということが分かりますし…。ああいう軽い感じの人がすごいことをするのは見ていて爽快ですし、好きです。この後どんどん暗くなりますしね。

ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサー、チャールズ)は、ちょっといい感じでした。特にこの映画ではダメ感が全開でしたので(長髪だし)好きです。

ミュータントが生きながらえるためになんとか人間とうまくやっていこうとするって言う話なんだけれども、その根本のところでいろいろ知らない私は乗り切れなかったのかもしれないですね。そもそもミュータントだって人間じゃろ?とか、いろいろ考えて。

しかし、君ら仲間割れしてるやん。ていうね。マグニートさんのことをよく知らないので、なんで今は一緒にいるのだろう…というところは過去作見れば分るのかな?それにしても、トレイラーとか観てなかったので、スタジアム持ち上がったときはちょうウケた。

でも、まあ、途中で目頭熱くさせるような部分もあったりしました。俺たちミュータントを滅亡させたりしない!みたいな、熱い感じのところ。やたらとドラマチックなんですよねムードが。ちょっと底の部分で暗い感じなのはミュータントの社会的なマイノリティ的な部分から来るんですかね。わざとそうしてるっていうか。

ミスティーク(レイヴン)がほんとにきれいよね。青いときもいいんですけど、青くないときのたたずまいの感じがマリアンヌ・フェイスフルっぽかった(というか、もしかしてイメージ重ねてる?)(ちょうど時代もその頃です…ちょっと後か…)青いときは床運動やってるような感じでしたね。

分らないと、多分これくらいの感想しか持たないので、近いうちに全シリーズを見ようと思っています。

あと、毎回邦題にダメ出ししますけど、これも、&じゃねえだろ、ということですよ。過去と未来ではないのですよ。未来の過去(の数日)なんです。そしてその未来はどうとでもなるというか、ちょっと希望があるようなそんな妙訳はないですよね、ないからこうなったのね。なら、デイズオブフューチャーパストでええやん。

けど、これ過去ってどこまで遡って修正されてるんだろう…って思いました。特に最後のシーン。

あと、パラドックス関係ないねー。とか。最近パラドックス関係ない映画あるよね。流行ってんのかな。