X-MEN Days of Future Past

X-MEN フューチャー&パスト(なぜかタイトルに和文が表示されないので、邦題はここに書きますね)

X-MENシリーズは1つも見ていないのに、果敢に観に行ってきましたよ。なんとなく、見ておこうかなーくらいのムードで。

新木場シアター1(IMAXでも3Dでもありませんでした)(しかもお得なレイトで見た)

あらすじ: 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。Yahoo映画

image

とにかく、X-MENシリーズに対する私の知識と言えば「ウルヴァリンはヒュー・ジャックマン」くらいの知識です。あと、ミュータントらしいと言うところ(後付けで強くなったりしていないところがアベンジャーズとは違うらしい)

後で読んだけど、これはシリーズ見ていない人も楽しめるよ、ってヒューが言ってたらしいです。まあ、楽しめた。特に前半。

始まっていきなり、もう終わり、みたいな状況なんですよ。断末魔みたいな。

そこで、ウルヴァリンが70年代に送られるとムードが一変してのんびりします。実際はのんびりはしてないですけど(だって、危機がそこまで迫っているのだから)

前半のピークはやはりクイックシルバーでしょう。彼はいいですね。撮影もビュレットタイムっぽい感じでクイックシルバーがどんだけ早く動くのかということが分かりますし…。ああいう軽い感じの人がすごいことをするのは見ていて爽快ですし、好きです。この後どんどん暗くなりますしね。

ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサー、チャールズ)は、ちょっといい感じでした。特にこの映画ではダメ感が全開でしたので(長髪だし)好きです。

ミュータントが生きながらえるためになんとか人間とうまくやっていこうとするって言う話なんだけれども、その根本のところでいろいろ知らない私は乗り切れなかったのかもしれないですね。そもそもミュータントだって人間じゃろ?とか、いろいろ考えて。

しかし、君ら仲間割れしてるやん。ていうね。マグニートさんのことをよく知らないので、なんで今は一緒にいるのだろう…というところは過去作見れば分るのかな?それにしても、トレイラーとか観てなかったので、スタジアム持ち上がったときはちょうウケた。

でも、まあ、途中で目頭熱くさせるような部分もあったりしました。俺たちミュータントを滅亡させたりしない!みたいな、熱い感じのところ。やたらとドラマチックなんですよねムードが。ちょっと底の部分で暗い感じなのはミュータントの社会的なマイノリティ的な部分から来るんですかね。わざとそうしてるっていうか。

ミスティーク(レイヴン)がほんとにきれいよね。青いときもいいんですけど、青くないときのたたずまいの感じがマリアンヌ・フェイスフルっぽかった(というか、もしかしてイメージ重ねてる?)(ちょうど時代もその頃です…ちょっと後か…)青いときは床運動やってるような感じでしたね。

分らないと、多分これくらいの感想しか持たないので、近いうちに全シリーズを見ようと思っています。

あと、毎回邦題にダメ出ししますけど、これも、&じゃねえだろ、ということですよ。過去と未来ではないのですよ。未来の過去(の数日)なんです。そしてその未来はどうとでもなるというか、ちょっと希望があるようなそんな妙訳はないですよね、ないからこうなったのね。なら、デイズオブフューチャーパストでええやん。

けど、これ過去ってどこまで遡って修正されてるんだろう…って思いました。特に最後のシーン。

あと、パラドックス関係ないねー。とか。最近パラドックス関係ない映画あるよね。流行ってんのかな。

Ghost Rider, Ghost Rider: Spirit of Vengeance

ゴーストライダーの1と2をWOWOWで録画してたので観ました。

とりあえず、マーベル全部見てやるぜくらいの勢いで笑

前知識は、ニコラス・ケイジがヒーローものやっているよ、バイクに乗ってて、燃えてるらしい。といったところです。

あらすじ: ジョニー(ニコラス・ケイジ)には17歳で悪魔(ピーター・フォンダ)に魂を売り、病気の父を救ったという秘密があった。30歳になった彼が最愛の女性 (エヴァ・メンデス)と再会した時、再び悪魔が現れ、魔界の反逆者ブラックハート一味を捕らえるよう言い渡す。彼は魔力で“ゴーストライダー”に変身し、 追跡を始める。yahoo映画

image

あらすじ: 父の命と引き換えに悪魔と契約を交わし、復讐(ふくしゅう)の精霊、ゴーストライダーとなったジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。ある日、ひっそり と暮らしていたジョニーのもとに僧侶のモロー(イドリス・エルバ)が訪れてきて、悪魔ロアーク(キアラン・ハインズ)が取りつこうと狙う少年をロアークの 魔の手から守ってほしいと頼まれる。少年の体に取りつけば、世界を支配するほどの強大な力となってしまうことを知ったジョニーは……。yahoo映画

image

1の最初の方を観てたときは若干横目で見ていたので、あんまりおお!という感じではなかったんですけど(前半若いしね←ニコケイではない)

2は結構よかったなあ…音楽がねえ、よかったですね。DFA1979とかBass Drum of Deathとかも使われてた。全体的にハードなロックなイメージで。しかも結構1曲を長めに使ってたよね。

どうやら1と2は同じなのはニコラス・ケイジが主役ってだけで後は全部総取っ替えだったのか…。悪魔もピーター・フォンダじゃないしな…。

1ではそんなに体が燃えてる感がでてなかったと思うんだけど…2はギミックとかもちゃんとなっててパワーアップしてるようだった。後ね、2はイドリスがでてるんですよ。イドリス・エルバ。この人鼻が丸くて残念なんだけど、カラコン入れると本当にセクシーだよねえ…なんだコレ。Thorで金色にしてるでしょう、これではヘイゼルっぽい感じにしてるのよね、いいなあ。似合う。最後まで戦って死ぬっていうカッコいい役だしね。

なんでも触るものが燃えるてのが最強な設定で、巨大な掘削機とかが燃えてて面白かったっす(2)

あと、1はエヴァ・メンデスが濃すぎるよね笑。なんか90年代を彷彿させるたたずまいだなあ…シンディ・クロフォードに似てるような気がする…。ロマンス要素とかあんまり入れられてもねえ…。

2はキャラもたくさん出てくるし(子供のお母さんの元彼が触るとなんでも腐る悪魔に変身するとか←ちょっとアルビノぽい)前述のイドリス(モロー牧師、牧師なんだけど、ワイン大好き!)とか耳なし法一状態のクリストファー・ランバート(こちらも最初は正義なのか何なのか分らない悪い宗教の人)とか…。

悪魔に売ったのが自分の魂だったのか、親父の魂だったのか、それとも売ったのは別のものだったのか分かんなくなったんだけど、それと引き替えにゴーストラ イダーになっちゃったのが、いやんなっちゃって(疲れちゃうし)、手放そうとするのに無理だった。でも、ゴーストライダーってのは天使だったから、心の中に天使もいるよみたいなことですよね(分らない)いい悪者、みたいな?

Amazing Superman 2

アメージングスーパーマン2

キャプテンアメリカの翌週にスパイダーマン2を観に行きました。同じく木場の109です。やっとメンバーズカード作りました。ポイント大事。109の場合はエグゼクティブシートを通常料金で利用できるのもキモです。

spiderman

アンドリュー・ガーフィールド主演、マーク・ウェブ監督のメガホンで人気ヒーローシリーズをリブートした「アメイジング・スパイダーマン」(2012)の続編。スパイダーマンとしてニューヨークの人々を守り、ひとりの男性として恋人グウェンを愛する日々を送るピーター・パーカー。しかし、街を離れていた旧友のハリー・オズボーンが戻ってきたことから、その生活に少しずつ変化が現れる。そんな中、高圧電流を武器とするエレクトロ、強力なサイ型パワードスーツの超人ライノ、高速グライダーで全てを切り裂く冷酷なグリーン・ゴブリンなど、スパイダーマンのいない世界を作ろうと目論む強敵が次々と出現する。ハリー役に注目の若手デイン・デハーン、エレクトロ役にオスカー俳優のジェイミー・フォックス、ライノ役にポール・ジアマッティなど豪華キャストが新参入。映画.com

とりあえず、ガーフィルドは好きなんですよ。デイン・デハーンも好きなんですよ。で、1も見てるんだし、見ないことはないよなあ…という感じで見に行きましたよ。(ガーフィールドを左から見るとちょっとロブに似ています→なぜか右から見たのはあんまり似ていない)

そんな私の心を奪ったのはジェイミー・フォックスの変身前の姿。これ、すごいね。是非見て下さい。

しかしながら、やっぱり先週のキャプテン・アメリカの方が全体として出来が良かった気がします。

というか、空中戦が多すぎて、またこの空中戦がスターク社長(アイアンマン)とはまたちょっと違うし…なんていうか、本当に絵空事(まあ、全部絵空事なんだけどさあ)ぽくしか思えなくて感情移入というかできなかったんですよねえ。

ドラマパートはそんなに悪くないんです、ちょっと対象年齢が若い感じはするけど。

でもって、グウェンてのはMJの前の彼女なんですね…へー。原作知らなかったし前のスパイダーマンではMJしか見てないので単に役名が違うだけかと思ってた。あんなことになるとは…。

悩みながら成長するヒーローという立ち位置なんだけど、あんまり悩まないよねガーフィールドピーターは。悩むけどすぐに気持ちを切り替えられるというか(長く悩んでいるように見えて半年ちょっとだもん)(このあたり批判があったりするのが面白い)トビー・マグワイヤの方が悩む姿が似合ってたもんね。

デハーンがすぐに気持ち悪くなっていくのがいいですね、この人病的なのがとても似合う。

見るなら3Dの方がいいと思います。これは。空中でひょうぉぉとなるのがいいから。

ピーターのカメラストラップがチロルテープのヤツだって知らずにチロルテープのストラップの着いたカメラを持って行ってちょっと恥ずかしかったです。そんなガーフィールドファンではありません。好きだけど(好きになったのはソーシャルネットワークの時ね)

(追記)
ピーターの部屋にDIIVのヴァイナル盤(だと思います、サイズ的に)が貼ってありましてね、これが幾度となく写るものですから帰りにはDIIVを聞いて帰りました。ということで貼っておきますね。

Captain America: The Winter Soldier

キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー

4月20日日曜日、木場のIMAXシアターで。いいかげん、109の会員になろうと思います。IMAXで見ること多いし。

一週間しかIMAXがないというので、旅行前だけど張り切って木場まで(他の劇場は小さめスクリーンが多かったので)(コナンめ)

キャプテン1はみてないので、アベンジャーズの知識しかないままの鑑賞です。

wintersoldier

マーベルコミック原作のヒーローアクション「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)の続編。マーベルヒーローが集結した世界的大ヒット作「アベンジャーズ」(12)から2年後を舞台に描かれる。ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが、その姿は70年前に死んだはずの親友バッキー・バーンズのものだった。映画.com

所々うーむ、これは1を見ていないと関係性がわからぬなあ…というところもありましたが、キャップの過去を知らずとも、アベンジャーズの続きくらいの気持ちで鑑賞していいんじゃないかな。

メインのキャラクターとしてはキャップとブラック・ウイドウです。ヴィランはウィンターソルジャー。

コールドスリープしていたことのネタがそこかしこに散りばめられていて、くすっとすると同時にやっぱり1を見ようと思いました。

ロバート・レッドフォードが矍鑠としてらして驚いた。というか、サミュエル・L・ジャクソンも年齢知るとびっくりするな…ハリウッドにはなんか不老不死の秘訣でもあるのか…コールドスリープしてんのか?

ウィンターソルジャーが、ピアース(レッドフォード)の家に侵入してるシーンもなかなか面白かった。←牛乳飲むか?

と言いますか、全体的に展開も早いのと、キャップは空を飛べないので(代わりに新しいキャラのファルコンが飛ぶけど)大抵が地上戦だし、走るし、格闘するし(飛び道具少ない)カーチェイスはかっこいいし、かなりの充実度でした。

特にクリス・エヴァンスはタイプではないのですけど、リーダー気質な割りに母性本能をくすぐるタイプというか、最後には可愛いじゃん、と思ってしまう感じでしたね。戦闘以外のシーンではそういう描写が多かった。

ブラック・ウイドウはいつも後ろ姿エロい…と思っていましたが、今回はマリア・ヒル←フューリー秘書)もかっけぇなと思いました。

そして、ヴィランのウィンターソルジャーですが、登場シーンからうひょーカッケー!って感じです。目の周りまっくろメイクに黒のレザーマスクで、髪が肩まででボサボサという素敵ルックス。左腕がサイボーグ化

もう一回くらいIMAXで見たかったなあ…どこかで閑散期に再映してほしい。

家に帰ってから1(ファースト・アベンジャー)とスターク社長(アイアンマン)を見ました。なんとなくつながりを確認したくてのぅ…そのあとすぐにアベンジャーズ1も見ましたけど。

THOR: THE DARK WORLD

マイティー・ソー/ダーク・ワールド

Thorの1は見てないんだけど、アベンジャーズ見たので見たくなって行ってきました。(109シネマズ木場 2月2日)

あらすじ: アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。

いろんな設定とかが分からずに見ても面白かった。 私はロキよりソー派ですね。ああいうなんていうの、バカっぽい正義感の人好きなんですよね。ロキは屈折しまくりだけど。

ハンマーがね、面白い。どこにでもついていくんだけど、次元を行き来すると迷子になったりして可愛い。ペットみたい。ミューミューっていってる人もいるし(正式名=ムジョルニアが発音しにくいから?)これを家に入ったときにコート掛けにかけるとことかウケる。 あとは地下鉄に乗るところとかねえ、ウケるねえ。

ヘイムダル(門番だと思ってみてたんだけど、それだけじゃないんでスか?←早めに1を見ておこう)がイドリス・エルバなんですけど、パシフィック・リムでの彼とは全然違う感じですね。もっとなんだ、若く感じました笑。それにとてもセクシーな感じです。目の色が金色だからかしら(盲目設定だとはあとで知りました)

アイマックスで見たんですけど、本当に映像がきれいでしたね。特にアスガルドのシーン。これはもっと明るいスクリーンでも見たい(TCXとか)奥行き感とかもあるので3Dで見るのがおすすめでございますよ。

悪い人たちが今ひとつ魅力がなかったのはなんでかなあ…なんか、何をしたがっているのかがよく分からず(闇に戻したいのは分かった、でもなぜ?)

エリックのシーンで思いっきり笑わせられたわ…ズボンをはけズボンを。

ジェーンがそーんなに魅力的に書かれてないよねえ…なんでだろうねえ。可愛いけど、なんかなあ、子供っぽい?そういうのが好きな層がいるのか…。

アベンジャーズが楽しみです(来年だけど)とりあえず、さっさと1を見ますね。

RUSH

ラッシュ/プライドと友情

そもそもこの邦題はなんでしょうか…邦題ってだいたい蛇足だよね…。2月9日、豊洲ユナイテッドシネマの10番スクリーン(オーシャンスクリーン=でかい)で見てきました。

あらすじ: 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング1位だったラウダはドイツ大会で大事故に遭遇し、深いけがを負う。復活は無理だと思われたがわずか6週間でレースに復帰し、日本の富士スピードウェイでのシリーズ最後のレースに臨む。

ニキ・ラウダを描きたかったのか、ジェームス・ハントを描きたかったのか、そこが中途半端な気はしましたけど、2人を描きたかったということにしておきますね。でも、友情シーンがあるかっていうとそんなにでもなく、両サイドから描くって感じでしたね。私は常に、ジェームス・ハント寄りで見てました。

ニキ・ラウダがとっても頭脳的に攻めていくのに対して、ハントは感性だけで乗り切っていくところが、事実はどうだったか分かんないけどすごいなこれはと思いましたね。

それにしても、富士のシーンはあまりにも豪雨すぎるんだけど実際にあんな豪雨だったのかなあ。

レースのシーンよりも人間を描くシーンが多かったのもなんか良かったです。もちろんレースシーンのスピード感やエグゾーストノイズ、観衆や実況の重なる声とかがいやがおうにも高揚感をかき立てられたわー。

ニキ・ラウダの復帰戦のニキ目線が、最初ぼやけているんだけれども故障車を追い抜かしたあたりでクリアになるところですごくグッときましたね。
俺の隣に座っていたお母さんが事故シーンとか痛いシーンとかで顔を覆ってヒーッてなってるのがおかしかった。でも、肺の吸引はマジ辛かった、息止めてみてた。

終わり頃に実際のフィルムとかが出てくるんだけど、本物のジェームス・ハントがクリス・ヘムズワースよりもイケメンすぎてウケた。レースカードライバーって小さいっていう印象だけど、この人ほんとに背が高かったみたい。金髪で、シャツの胸はだけてて、背が高くて、マジカッコいい笑。

ニキ・ラウダのシーンで面白かったのは、奥さんに出会うときのシーン。イタリア人二人組面白すぎだろう。でもってミニかなんかをすごいスピードで走らせるニキは惚れてまうなあ…。ダニエル・ブリュール(ニキの人)はジョヴァンニ・リビシとなんかイメージが被ってしょうがなかったんだけどなんでかしら。ちょっと似てる?

時代背景とかも良かったっす。70年代の雰囲気、華やかで自由な感じとか、ファッションとか。音楽も悪くなかったと思う(Fameとかさ)

どのシーンか忘れたけど、ハントが「甲冑を着けてるとか?」みたいなこと言ったのはちょっとクスッときた笑

The Wolf Of Wall Street

ウルフ・オブ・ウォールストリート

あらすじ: 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。yahoo映画

先週、木場の109シネマズでこれと、ソー2をはしごしてきましたよ。

賛否がとても分かれているようですが、好きか嫌いかというと、私はすごい好きでした。でも、繰り返して見たい!というほどでもないし、1年後くらいにBDとかオンデマンドとかで見たい気もします。

とにかく、これはやりすぎではないでしょうか?というくらいの全編クスリまみれ。セックス絡みも多いんですけど、思ってたより少なかった(前評判だと全編やってるって言ってたから)(クスリはやってた)シラフでいるところなんてほとんどないんじゃね?という感じでしたね。

ムードとしては、ブリングリングと似ている気がしました。バカ騒ぎ、人から何かを盗る、などといった素材以外にも、見た後に全くなんにも残らないところとかも。何にも残らないというと語弊があるか?いいよね。

ご教訓とかじゃないところはいいと思いました。あと、ギルバートグレイプ以来の?ディカプリオのよだれ笑。

しかしながら、それを上回るマシュー・マコノヒーの怪演とジョナ・ヒルのダメさ。マシューなんてほんの頭の30分の1くらいしか出てないんですよ、なのにあのインパクト。すごい。

これですよ、これ。
ランチからマティーニ飲もうって言う人です。

さっきも書いたディカプリオのヨダレが見れるシーンですが、あれは本当に面白すぎた。だいたい笑って見てましたけど、本当に声出して大笑いしたもん。笑ってない人いなかったもん。

引退演説とかね、時折感動させるシーンもあるんですよ、あるにはあるけど、ジーンとさせたあとで、やっぱりねーってなる感じ。もう、お前の言うことは本当に信じない!て。

演説、クスリ、セックス。これだけですね。インサイダー取引とかそれっぽいのもあるけど、それはまあ、オマケ?というかウォールストリートぽさはそこだけです。確かに会社が大きくなっていくところとか高揚するんだけどさー。アレもコレもドラッグがらみだからすごい。

エンディングはこれ