Monthly Journal March

3月に見た映画

Equals/ロスト・エモーション

とても美しい。ニコラスホルトとクリステンスチュワートも美しいし、建築物(ほとんど日本!)もとても美しい。音楽も良い。家にBDあるのに、劇場で上映されるまで見てなかった…。また見る。全国公開になっても良さそうなのにね。

Assassin’s Creed/アサシン クリード

ゲームはやったことないけど、それなりに楽しめた。オープニングにかかった曲がなんと!The Black Angels!心の中でぎゃーっと叫びました。

Trainwreck/エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方

邦題…。サブタイトルみたいなやつ、いる?これ、エイミーシューマーが脚本書いてるらしい。いつものエイミーシューまーはあんまり好きじゃないのだけど、これは良かった。コントとして笑えるところもあり、全体的にはラブストーリーで、あと無駄に豪華な劇中劇とか、ティルダ様の無駄遣いとか。エズラミラーの無駄遣いとか、色々面白い。

I, Daniel Blake/わたしは、ダニエル・ブレイク

英国の貧困問題に一石を投じる作品です。力いっぱい投げつけます。フードバンクでのケイティの行動にドバーッと涙があふれてきて困った。何かの折には、わたしも善き人でありたいと思うのです。

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter summer Day/牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

4時間!の完全版。ツイッターのTLで評判だったので、観に行きました。ちょっと長すぎた。昭和の日活っぽさもあり、作品自体の作られた時代もあってちょっとノレなかった。すごくいいシーンはたくさんあるのだけどねえ。

Agassi/The Handmaiden/お嬢さん

これは、すごかった。衣装とか、プロップがとてもよくて(そもそも和洋折衷みたいなの好き)そして、すごくエロかった。びっくりした。でも話もしっかりしているし、三部構成にした構成もすごくよく、これはなかなか良かったですよ。キムミニすごいタイプ。

Loving/ラビング 愛という名前のふたり

いいけど、邦題…。偉人主観の結婚が違法だった頃の話です。なんという理不尽さ。ジョエルエジャートンとても良かった。マイケルシャノンのジャーナリストもとてもいい。なんとなく、優しい気持ちにさせてくれます。

Kong: Skull Island/キングコング:髑髏島の巨神

斬新な映像をこれでもかっと見せてくる感じで、ワクワクしながら観ていたのだけど、なぜか私の中で途中から失速。なんででしょうね。トビーケベルが良かったですよね。音楽も良かった。前半はすごくワクワクした。なんか、ブリーラーソンは最後の照明弾(これ絶対パシフィックリム)のところ以外はカメラが趣味の女の子風にしか見えず、全然プロっぽくないのと、そのパンケーキレンズでその画角は撮れないぞ!とか気になってしまって、ダメでした。

L’avenir/未来よ こんにちは

熟年離婚、母親の死、仕事も変わっていき…。それでも私は前を向いて歩いていくよ!という感じ。イザベルユペールが可愛さと毅然さを余すことなく出していてとても良い。ファビアンとても可愛かったなー。あんな教え子いいなー。

Mon Roi/モン・ロワ 愛をめぐるそれぞれの理由

サブタイトル…。なんだかもう、刺さったな、深く。特にラストでグサリと来て、泣きました。ほんとダメ男なのにねー。

3月はお嬢さんかなー、ロストエモーションも良かったけど、パンチとしてはお嬢さんかなー。ダニエルブレイクは、ガーンときたけど、映画として楽しむとしたらお嬢さんかなー。案外モンロワが良かった。


家で見たやつ

En mai, fais ce qu’il te plaît/ブラックボード 戦火を生きて(WOWOW)
第二次世界大戦のフランスとドイツの話。最近これ系よく見る気がする。本当に戦争辛い。
Song One/ブルックリンの恋人たち(WOWOW)
うっすいラブストーリーだったんだけど、音楽がとても良かった。バンドマン役のジョニーフリンと昏睡してる弟が良い。ちょっと少女漫画っぽかったなー。バワリーとか出てきた。曲を作ったのはジョニーじゃなくて、ジェニールイスです。
5 Flights Up/ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(WOWOW)
素敵なお部屋のお話です。人種が違う夫婦の乗り越えてきたこととかも込みで感慨深い。
告白(WOWOW)
邦画は積極的には見ないのだけど、なんとなくテレビつけたらやってて、なんとなく最後まで見てしまった。映像と音楽良かったし、演出も良かった。みんな演技も良かった。
And While We Were Here/ラブ・アフェア 年下の彼(WOWOW)
ケイトボスワースのプロモ映画だった。
Un plan Parfait/バツイチは恋のはじまり(WOWOW)
ラブコメ。ダイアンクルーガー。まあまあでした。
Learning To Drive/しあわせへのまわり道(WOWOW)
いい感じになりそうでならない、ちょっとした自分探しみたいな話。ちょっと感動する。ベンキングスレーのインド人先生よい。
殿、利息でござる!(WOWOW)
これ、コメディかと思って見はじめたら、感動させるやつだった。ちゃんと時代劇してていい。
THE NOTEBOOK/きみに読む物語(WOWOW)
ドバドバ泣いた。ちょっと名前がややこしくて…最近ちゃんと名前覚えられない。レイチェルマクアダムスがめっさ可愛い。
海よりもまだ深く(WOWOW)
歩いても歩いてもの方が好きだったかな…。
Focus/フォーカス
騙して騙して、観ている人も騙されて。マーゴットロビーが可愛い!
ANNIE/アニー
子供向けミュージカルといったところかな。ちょっとブサイクなアニーが良い。
10 Cloverfield Lane/10クローバーフィールド・レーン
密室の怖さと外で起きていることの怖さ。色々都合がいいっちゃいいけど、面白かった。