LAWLESS

欲望のバージニア(2012年 ジョン ヒルコート)

http://www.imdb.com/title/tt1212450/

image

なんだか、とってもキャストが贅沢だった。 

だいぶ前に、ニック警部が映画のサントラをやった、しかも警部自身が脚本も書いてるらしい。と聞いてはいたのだけれど、さらに、その後WOWOWで放送されて録画もしていたんだけど、ノワールものはあんまり得意じゃないし、痛いのや辛いのはあんまり好きじゃないんだよー、とずっとなんとなく観てなかった。

最近、ホルトの出演作をほぼ見終えてしまったので、次はトムハーディーかなあ、なんつって見始めたので、その一環として見ることにしたんです。 

さっきから警部警部って誤変換だよ!ばかじゃないの?と思っているかもしれないけど、大丈夫、わかってるよ!こんなでも、私はバースデーパーティーの頃からの警部ファンなんだぜ。 

警部というか、バッドシーズのPVなどを撮っている人が監督しています。なんというか、そんなにノワールぽくはなくて、もっといなたい感じでした。

暴力はたくさん出てくるし、血もどばどば出てくるのでうへぇって思いながら見てたけど、ハーディーが愛らしくてそれを差し引きしても観てよかったかなと、今は思ってる。 

image
image

主演のジャックはシャイア・ラブーフ。ボンデュラン3兄弟の一番上の兄のハワードがジェイソン・クラーク、真ん中だけど一番しっかりしてていちばん強そうなフォレストがトム・ハーディ。3兄弟の話だけど、やっぱりフォレストの話っぽいかな…。シャイアが狂言回し。ハワードは長男だけど酒を飲むと狂ってしまうところが出番は少ないけど、ジェイソン・クラークがすごくうまく演じていたと思う。

なんといってもトム・ハーディのカーデガンである。

image
image

なで肩すぎる…素敵。

image
image
image
image

ジェイソン・クラークのだらしない感じもいいね。

この3兄弟が実在してたっていうところがすごいんだけど、本当に無敵不死身だったんだろうかね?

あの首を切られた時のことのように、勘違いとか、大げさに語られてるとかもあったのかもしれないよね。

それにしても3兄弟の配役は本当にハマってた。

逆に本当に嫌な奴だったレイクスについては、ガイ・ピアースがやり過ぎ感を出してた。あれはアレでよかったのかもしれないけど…。特に兄弟に協力していた人に沸騰したタールをかけて殺して鳥の羽をまぶすとか、本当に気持ちの悪いやつ。この人の気持ちの悪さをちょっと描きすぎじゃないかなっていうくらい。この後の兄弟の仕返しも酷かったけど。

image
image

気持ち悪いねえ…。

ジャックが惚れる牧師の娘(ミア・ワシコウスカ)がすごい透明感。

image
image

それから、クリケット役のデイン・デハーンもよかったですね。子供の頃くる病にかかって脚が悪くなってしまったけれど、科学的な才能があってそれを密造酒作りにも活かしているし、密造酒で車動かしちゃうし、車直しちゃうし、結構活躍している。

image
image

ジャックとクリケットは仲良しなんだよね。

シカゴからバージニアにやってきてバーを任されるきれいなお姉さん役がジェシカ・チャスティンだったのだけれど、彼女は彼女でとてもいいと思うんだけど、この役が最初はスカーレット・ヨハンソンにオファーされてたと知ったら、これはスカジョで見たかったでしょう…と思ってしまった。

image
image

ジェシカはちょっと賢そうすぎるんだよなあ…。

ラストの方では、平和になっているんだけどその時の3兄弟の仲良しっぷりがよいです。ほっこりする。


警部もカメオで出てるんですよ。

image

死んでるけど。

これは撮影中の監督とハーディかな?

image

アマゾンインスタントビデオ

This Means War

ブラック&ホワイト(2012年 マックG)

image

職権乱用上等

なんでブラック&ホワイトなのかまったく分らない…仏版タイトルのターゲットの方がまだ分る。

スパイものか!バディものなのか!と思わせて本当に本当にかるーーーーいラブコメですのでご注意。ほんとに評価も低いし。ちょっとアクションあるけど軽めのヤツがみたいなーと思ったときにお勧め。あとはこの二人が好きなら。そしてリースが嫌いじゃなければ。バディものでは、ある。

image

FDR(フランク=クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)はCIAのエージェント。二人とも独身で今は彼女なし。タックは子供がいる離婚経験者。子供には旅行エージェントだと言ってある(元奥さんにも)

image

子供にまったくリスペクトされてないし、ダシにも使うタック。

初っぱなからちょっと派手目なアクションで、さすがのマックGなわけですが(チャーリーズエンジェルの監督)中身はまったくスパイ活動とは関係ありません。職権乱用以外は。一応これは伏線にはなってはいるなってはいるけど、無駄遣いです。すべてのアクションは無駄遣い笑。

うっかり出会いサイトでローレン(リース・ウィザースプーン)に興味を持ってデートしたタックと、そのあとでローレンをナンパしたFDRの間で恋のさや当てが始まるのだけれど、チーム率いて職権乱用しまくりなところがもう、非現実的すぎて笑うしかありません。

image

ナンパ師クリスパイン(FDR)

image
image

盗聴しまくり。ドローンまで使ってた。

この軽い感じのままでずっと進むところが却ってすがすがしい。最後の最後までバカバカしい。でも小学生のばかばかしさじゃなくて、女子大生くらいのばかばかしさ。マックGて少女趣味なのか。

まあ、なんていうのかクリス・パインとトム・ハーディのアイキャンディ勝負というかそういった趣ですので、そういった目的で観るのが正しいのではないかと。ただし、おバカ女が心底憎いというタイプの女性にはお勧めしません。憤怒で気が狂うかもしれないから笑。バカっぽいけどそれなりに憎めないですけどね、ローレンも友だちのトリッシュも。

image

リースも通常営業なので、鼻につく人は鼻につくのかな?わたしは割とリースは気にならないです。

image

トリッシュいちいちアドバイス罪すぎる。

そうだなー、わたしは断然タックが素敵だなーと思ってみていました。ロマンチスト。

image

空中ブランコとか笑っちゃうけど(非現実的すぎて)

image
image

アパートメントも断然タックの方が素敵(ロフトっぽい、部屋の中にバイクが二台もあるのよ、素敵)(雨が降ってるのはFDRの妨害のせい)

image

お返しに麻酔銃で狙撃。

見た目も絶対タックの方がタイプだった(ちょっと小さいけど)

image
image
image

このコンビ悪くないと思うので、コメディタッチのスパイものをこの二人で本気で撮ってみてもらいたいような気がします。結構息の合ったバディものとしても面白かったから。

一旦ハッピーエンドになったところで二段オチみたいなのもわりと好き。


アマゾンインスタントビデオ

Ant-Man

アントマン(2015 ペイトン・リード)

image

バスキンロビンズには逆えない

MCU好きは、アバンタイトルからぐぐーっと心を掴まれます。ここのハンクピムはCG?他の人もCG?メイク?

ねずみ小僧的な盗みを働いたかどで収監されていたスコット・ラング(ポール・ラッド)が再びやむを得ず盗みに入った先の古びた金庫の中にあったのは、この手作り感満載のスーツでした。

image

ちょっと変だな、とは思うけどライダースーツ(普通の意味での)にしか見えないけれど、ハンク・ピム博士(マイケル・ダグラス)が開発したアントマンスーツ。

監督交代(エドガー・ライト途中降板)(それに反応しすぎなジョス・ウィードン)(ジョナサン・レヴィーンでも観てみたかったかも?)とかでごちゃごちゃしていたようですけど、出来上がりとしてはたいへん満足なものでした。コミカルなテンポのいい脚本だったと思います。想像ですけど、ファミリーパート的なところなんかは追加されたのかなあ…ちょっと感動ファミリーものに持っていこうとするところは、異質ではあったけれどコレはコレで雰囲気に合ったものにはなっていたのではないかな。だって泣いたし。

とにかく、ルイス(マイケル・ペーニャ)ですね。こいつがいるといないとでは多分大違い。

image

右がマイケル・ペーニャ、左のデイヴ(TI)とか見切れてるカート(デヴィッド・ダストマルシャン)もいい。三馬鹿大将!

アントマンはただ小さくなるだけなんだと思っていたので、大きくなったり小さくなったりすることによる戦術みたいなのに感心しました。モノを小さくしたり大きくしたりする手裏剣みたいなのは楽しすぎる。

image

三点着地カッコいい。これをトーマスの上でもやるのがカッコいい。

スコットがアントマンになるための修行をするところも、結構長いと思うんだけど、決して飽きさせずうまいと思いました。

image

アリにたかられてぎゃーっとなって大きくなっちゃうスコットさん。

訓練中のところは爆笑を誘いすぎです。

アリさんたちとの連携も素晴らしく、しかも、アリさんを極力ムダ死にさせない姿勢も素晴らしい。名前をつけちゃうスコットがかわいい。

image

アントニー…

アリとコミュニケートして思い通りに動かすとか、そここそがアントマンのアントマンたるゆえん。小さくするスーツ、その理論よりも重要じゃ?

image

うじゃうじゃしてる…。

父と娘というのもセカンドテーマなのだと思う。二組の父娘。

ハンク・ピムと娘のホープ(エヴァンジェリン・リリー←ロストに出ていた人らしい)、スコット・ラングと娘のキャシー(アビー・ライダー・フォーソン)。この子がめちゃめちゃかわいい。不細工モノが好きという設定がたまらない。

image

お父さんていうか、おじいちゃん。

image

ホープ。知的な感じでいながら格闘もイケそうで、期待大。

image

キャシー、きゃわわ…。B専キャラなところもきゃわわ。

スコットの軽妙でいながら、実はまじめというか考え方は真っ当っていう雰囲気にポール・ラッドがあっていたと思いますね。ヘイゼルの瞳を最大限活かした角度のカットが何度も出てきてよかったです。

スタークの倉庫にあるから盗ってこいとか言われて行ったら、倉庫じゃなくなってた件についても、あの人とバトルすることになる件についても、キャプテンアメリカ・ウインター・ソルジャーやアヴェンジャーズ2見てる人にはニヤニヤが止まらないのではないでしょうか。わたしはニヤニヤしていました。

途中ピムの昔話で泣かされたり、トーマスがでかくて怖かったりとか(目をきょろきょろさせるのがあんなに怖いとは!)インターステラーか!みたいなことになったりしながら、大団円を迎えるのでした。

トーマスのところも笑わせすぎだ。

全体的に脚本はいろんな人が関わっている割に破綻していなくて、むしろ面白くなっていたのでは?

それにしても、マイケル・ペーニャすごいな。ていうか、この部分の脚本がすごい。すごい好き。

image

セリフ一つ一つがウケる。


そして、大事なオマケですが、万力に挟まってました。あれだけで動けなくなるモノなんですか?そして、だからこそアントマンはキャップ派なんですね。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン9 TCX 2D L列

パンフレットは普通でした。可もなく不可もなく。判型もページ数も普通です。

※3Dでも観たくなったので、もう一回見ます。

Kingsman the secret service

キングスマン(2015 マシュー・ヴォーン)

http://www.imdb.com/title/tt2802144/

image

キングスマンとは私設諜報機関であるよ

なんらかのドラマがありそうで、そこにはないような、かすかな残り香だけがあるだけのようなアクションドリブンな作品でした。そして、過去のスパイ映画のパロディのような作品のような気もします。

オープニングタイトルがちょっと変わってて面白いです。ぼろぼろ落ちてきたレンガがクレジットになっていくヤツ。レンガといっても英国のレンガでないのも意外なところ。

コリン・ファースが初っぱなからがっつりアクション決めまくりで、この人ってこんなに動ける人なんだ!という驚き。なんとなく静の俳優だと思っていたので。スーツの着こなしはさすがです。

image
image

キングスマンは欠員ができてから次のメンバーを育てるのだけど、その時にハリー(ファース)が推薦しようとしたのがエグジー(ターロン・エガートン)でした。彼の父親はかつての研修生で作戦で皆のために犠牲になって死んだ人。奥さんだったエグジーのママは、今では界隈を牛耳るギャングのボスの彼女となっていて、昔の面影はない(でも、お前の母ちゃんイカすな、みたいなレベルは保っている)エグジー自身もその辺のごろつきと変わりない。

image

このブルゾン笑。

ハリーはなぜかそのエグジーに才能を見いだして(小さい頃から監視はしていて、身体能力などには突出したものがあったみたい)研修に連れて行くのだけど、そこには数人の他の候補もいて、研修でふるい落としていくといった塩梅。

研修生には嫌な意地悪チームがいたり、女子がいたりするんだけれど、結局最後の三人にエグジーは選ばれます。

image

訓練の一環です。JBかわいい。

とにかく、国や政治にまったく縛られない機関であるから、秘密が守れるかどうかっていうのがどうやら一番大事らしい。

こういうグッズとか楽しい。

image
image

ハリーのオフィス。何かある(やる)と一面に載ります。

image

後半のエグジーはスーツ姿もキマってます。

そして、今回のヴィランは地球を守るために人類を殺そうとする、血を見るのが大嫌いなヴァレンタインという大金持ちでこれがサミュエル・L・ジャクソンです。アヴェンジャーズで人々を守ろうとしているのに、こちらでは大量殺戮最高!モードです。カラフルでスポーティな服にキャップ、アディダスのスニーカーで軽口叩きっぱなし。

image

そうそう、みんながマクドナルド食べたくなる理由は、ハリーがヴァレンタインに近づくために高額の寄付をして夕食に呼ばれたときにサーブされるのがマクドナルドだからなんですね。その前にもエグジーがマックのバイトだったみたいな会話も出てくるのだけれど。

そして、エージェントのバックアップであるマーリン(マーク・ストロング)がなかなかいい味を出していました。すごく有能で冷徹なのかと思いきやこの映画にそういう人は1人もいないわけで、有能ではあるけれどもシャレの分る頼れるおっさんでした。

image

有能なハッカーでありパイロットでもあった。

それから両足が義足のお姉さん、ガゼル(ソフィア・ブテラ)はなんだかもったいない使い方だったような気がするんだけどなあ…あれだけキャラ立ちした見た目なんだけど、性格付けとか全くない感じで…それは要求しない映画と思えばそうなんだけど…。

image

ギャグがテッド並みなところが随所にあり。場内失笑と爆笑に包まれる。

最後の方の爆発は笑った。併せた音楽もよかったね、

image

全体的に、女性目線で見ると失格すぎる(最後の王女のオチの部分も含めて、お母さんの立ち位置とか、衛星撃ったランスロットのまとめ方がおざなりだったり…)MMFR見たあとだと、この監督バカか?と思うけど、そういう監督だった…のでいいです。何も言うまい。これはこれでバカとして楽しむヤツです。

もうちょっとね、こういうイメージ(アメコミ的なスカッとした感じ)を予想してたんだけど(キックアスだし)(ぁ、キックアスだからか)

image

スカッとするところまででもなかったなあ…という感想です。あともうちょっと丁寧に作ってくれてたらなあ…惜しいなあっていう感じですか。共闘もなかったしねえ…。共闘するのかと思ってすごく楽しみにしてたけど。

追記

エンドロール見てて、アレ?マークハミルなんて出てた?ってなって調べたらあのゲスい教授だった…。まったく気がつかなかったわ…。


2015/09/13 TOHOシネマズ新宿 スクリーン9 TCX L列