Amazing Superman 2

アメージングスーパーマン2

キャプテンアメリカの翌週にスパイダーマン2を観に行きました。同じく木場の109です。やっとメンバーズカード作りました。ポイント大事。109の場合はエグゼクティブシートを通常料金で利用できるのもキモです。

spiderman

アンドリュー・ガーフィールド主演、マーク・ウェブ監督のメガホンで人気ヒーローシリーズをリブートした「アメイジング・スパイダーマン」(2012)の続編。スパイダーマンとしてニューヨークの人々を守り、ひとりの男性として恋人グウェンを愛する日々を送るピーター・パーカー。しかし、街を離れていた旧友のハリー・オズボーンが戻ってきたことから、その生活に少しずつ変化が現れる。そんな中、高圧電流を武器とするエレクトロ、強力なサイ型パワードスーツの超人ライノ、高速グライダーで全てを切り裂く冷酷なグリーン・ゴブリンなど、スパイダーマンのいない世界を作ろうと目論む強敵が次々と出現する。ハリー役に注目の若手デイン・デハーン、エレクトロ役にオスカー俳優のジェイミー・フォックス、ライノ役にポール・ジアマッティなど豪華キャストが新参入。映画.com

とりあえず、ガーフィルドは好きなんですよ。デイン・デハーンも好きなんですよ。で、1も見てるんだし、見ないことはないよなあ…という感じで見に行きましたよ。(ガーフィールドを左から見るとちょっとロブに似ています→なぜか右から見たのはあんまり似ていない)

そんな私の心を奪ったのはジェイミー・フォックスの変身前の姿。これ、すごいね。是非見て下さい。

しかしながら、やっぱり先週のキャプテン・アメリカの方が全体として出来が良かった気がします。

というか、空中戦が多すぎて、またこの空中戦がスターク社長(アイアンマン)とはまたちょっと違うし…なんていうか、本当に絵空事(まあ、全部絵空事なんだけどさあ)ぽくしか思えなくて感情移入というかできなかったんですよねえ。

ドラマパートはそんなに悪くないんです、ちょっと対象年齢が若い感じはするけど。

でもって、グウェンてのはMJの前の彼女なんですね…へー。原作知らなかったし前のスパイダーマンではMJしか見てないので単に役名が違うだけかと思ってた。あんなことになるとは…。

悩みながら成長するヒーローという立ち位置なんだけど、あんまり悩まないよねガーフィールドピーターは。悩むけどすぐに気持ちを切り替えられるというか(長く悩んでいるように見えて半年ちょっとだもん)(このあたり批判があったりするのが面白い)トビー・マグワイヤの方が悩む姿が似合ってたもんね。

デハーンがすぐに気持ち悪くなっていくのがいいですね、この人病的なのがとても似合う。

見るなら3Dの方がいいと思います。これは。空中でひょうぉぉとなるのがいいから。

ピーターのカメラストラップがチロルテープのヤツだって知らずにチロルテープのストラップの着いたカメラを持って行ってちょっと恥ずかしかったです。そんなガーフィールドファンではありません。好きだけど(好きになったのはソーシャルネットワークの時ね)

(追記)
ピーターの部屋にDIIVのヴァイナル盤(だと思います、サイズ的に)が貼ってありましてね、これが幾度となく写るものですから帰りにはDIIVを聞いて帰りました。ということで貼っておきますね。

Captain America: The Winter Soldier

キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー

4月20日日曜日、木場のIMAXシアターで。いいかげん、109の会員になろうと思います。IMAXで見ること多いし。

一週間しかIMAXがないというので、旅行前だけど張り切って木場まで(他の劇場は小さめスクリーンが多かったので)(コナンめ)

キャプテン1はみてないので、アベンジャーズの知識しかないままの鑑賞です。

wintersoldier

マーベルコミック原作のヒーローアクション「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)の続編。マーベルヒーローが集結した世界的大ヒット作「アベンジャーズ」(12)から2年後を舞台に描かれる。ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが、その姿は70年前に死んだはずの親友バッキー・バーンズのものだった。映画.com

所々うーむ、これは1を見ていないと関係性がわからぬなあ…というところもありましたが、キャップの過去を知らずとも、アベンジャーズの続きくらいの気持ちで鑑賞していいんじゃないかな。

メインのキャラクターとしてはキャップとブラック・ウイドウです。ヴィランはウィンターソルジャー。

コールドスリープしていたことのネタがそこかしこに散りばめられていて、くすっとすると同時にやっぱり1を見ようと思いました。

ロバート・レッドフォードが矍鑠としてらして驚いた。というか、サミュエル・L・ジャクソンも年齢知るとびっくりするな…ハリウッドにはなんか不老不死の秘訣でもあるのか…コールドスリープしてんのか?

ウィンターソルジャーが、ピアース(レッドフォード)の家に侵入してるシーンもなかなか面白かった。←牛乳飲むか?

と言いますか、全体的に展開も早いのと、キャップは空を飛べないので(代わりに新しいキャラのファルコンが飛ぶけど)大抵が地上戦だし、走るし、格闘するし(飛び道具少ない)カーチェイスはかっこいいし、かなりの充実度でした。

特にクリス・エヴァンスはタイプではないのですけど、リーダー気質な割りに母性本能をくすぐるタイプというか、最後には可愛いじゃん、と思ってしまう感じでしたね。戦闘以外のシーンではそういう描写が多かった。

ブラック・ウイドウはいつも後ろ姿エロい…と思っていましたが、今回はマリア・ヒル←フューリー秘書)もかっけぇなと思いました。

そして、ヴィランのウィンターソルジャーですが、登場シーンからうひょーカッケー!って感じです。目の周りまっくろメイクに黒のレザーマスクで、髪が肩まででボサボサという素敵ルックス。左腕がサイボーグ化

もう一回くらいIMAXで見たかったなあ…どこかで閑散期に再映してほしい。

家に帰ってから1(ファースト・アベンジャー)とスターク社長(アイアンマン)を見ました。なんとなくつながりを確認したくてのぅ…そのあとすぐにアベンジャーズ1も見ましたけど。