Pacific Rim Uprising

iMDb日本公式サイト

コレジャナイ感のパシリム2

パシフィック リムでしばらく離れていた映画鑑賞という趣味に戻ってきたので、私にとっては前作はとても大事な作品です。2作目が作られるか作られないかでヤキモキし、ギレルモ デル トロが監督から製作に回ったところで、ちょっと心配し、チャーリー ハナムが別の作品への出演を理由に降板したところで、ちょっと熱は冷めていました。しかし、やはり、観ない訳にはいかないのです。

トレイラーを見る限りでは、まあまあイケるんじゃないの?と思っていたんですけど…やはり別物でした。盛大にネタバレしていますので、鑑賞後にお読みください。


怪獣が襲ってこなくなって10年後の世界。とはいえ、PPCDは次の襲来に備えて、中国から無人機を買うなどしようとしていた矢先、オーストラリアをイェーガーが襲う。これをきっかけに、無人機が乗っ取られるなどし、復活した怪獣が日本(東京)を襲う。すでに既存のイェーガーとパイロットを失っていたPPCDは、教官と訓練生が乗るイェーガーで対抗する。


取り締まられる野良イェーガー。そんなに放ったらかしなのか。というか、そんなに素材がボロボロ落ちているものでしたっけ?そうでしたっけ?

イェーガーが襲ってくるというのは、大変フレッシュなアイデアで(確かデルトロも言っていた)なかなか良かったです。その中身がぐにゃぐにゃした肉片みたいなものだっていうところも、割と好き。しかし、それを操っていたのが、怪獣の脳とドリフトしすぎたニュートだっていうのがまたすごい。アイデアはすごいけど、プリカーサーの能力すごすぎるし、あれ死んだんじゃなかったっけ?この突拍子もなさはすごかった。

イェーガー同士の戦闘もなかなかこれが中に人が乗っているロボの動きではなく、最初に現れるイェーガー(野良イェーガー取締りの)足元から煽るカットでの重厚感とかが、全くなかったことになっており、トランスフォーマー感が漲っていて、あー、これじゃないんだよ…と思いました。反面、そう思わなければ面白いとは思いましたよ。続編だと思わなければOK。

続編で前作の登場人物を亡き者にしていくのはよくあることだけれども(嫌いだけど)ほとんど説明もされず出てこないチャウとローリー…。そして、序盤で事故死してしまうマコ。マコの弟でペントコストの息子というジェイクが、主役の一人なんだけれども、あの出撃の1年前に一人で第四世代を動かした(7秒)とセリフで説明されたことくらいが繋がりか…。その相棒のネイト(スコット イーストウッド)とはその前に組んでいたということだよね…(そんなの聞いてないよ)(あの時何してたんだよ)

中国の無人イェーガーの件は、割とあり得るな…と思ってしまうので、あまり中国資本がー!とはならなかった。もう、日本ではなく中国であったり韓国であったりするんだよ、そこは。もうクールジャパンじゃないんだよ。最終的に助けてくれるのは、無人機を作っていたリーウェン(髪を下ろして、好感度アップ)だしな。

全体的に雑

やはり、デルトロ映画の良いところは、プロップなどについても本当に細かいところまで手を抜かない、世界観がわかるものなんだけど(この続編の冒頭に映像が使われている)それが、今回はバッサリ抜けている感じがした。話が進むにつれてどんどん雑になってきて、なんちゃって東京もなんちゃって富士山も仕方がないといえば仕方がないけれど、これもっとなんとかならなかったのか?確か、監督は東京をぶっ壊したい(ウルトラマンとかゴジラとかのように)と言っていたけど、壊したい方に比重がかかってしまって、壊すからどうでもいいものになっていたような気がするなあ。

元の設定ですと、これ死にますよね

ジュブナイルとしてのアップライジング

一人乗りのイェーガーを自作していた一人でエンジニアとパイロットやれるティーネージャー、アマーラ(ケイリー スピーニー)が、PPCDにジョインして訓練を受けることになるのだけれども、これまた中途半端に描写されており、ロシア人の訓練生との確執とか、上手く描けれてればなあ…。気がついたら特にきっかけもなく仲直りしてるしさ。

アマーラがドリフトに失敗して、ウサギを追ってしまうのは完全なる焼直しに過ぎず、なんら新しさはないですしね。むしろ規模も小さいですしね。

上手くドリフトできないままに、決戦に参加しなくてはならなくなって、実戦では上手くいく、みたいなことは繰り返し、といえば繰り返しだけど、そこではダメだろう。まず一回上手くいって、その次に決戦でなければ、なあ。マコとローリーはそうだったじゃろ。そういえば、シールド壊れてて、ヘルメットのシールドも閉めないであんな上空で大丈夫なんかな…と思ったり。

しかしながら、この路線で次も作ろうと思っているのだろうなあ…。候補生はほとんど生き残っているし、イェーガーも残っているもんな。

でもこれは、トランスフォーマー亜種のようになってしまって、中に人が乗っていることが全然意味ないことになっており、コックピットもそもそもリモートで動かせるし、それじゃあなんかつまらなくない?

演技力どうなの

スコットイーストウッドはまあ、演技が下手だった。なんていうか、演技をしているのだよね、そういう人が存在するように演技してもらわないと…。そして、演技は下手ではないと思うのだけど、ボイエガはあんまり好きではなくて…なんていうのかな…どんくさい感じがすごくするのに、どんくさいけど大丈夫な役が多いじゃない。納得いかないんです笑。

というわけで、またハマったらどうしよう…とおもっていたけど、心配後無用であった。ちょっと寂しい。