映画オールタイムベストテン:2017

恒例のWashburnさんのベストテン、一昨年くらいから参加してます(多分)今年は、2017年版のオールタイムベストテンということなので、今年公開(または初見)の映画を入れてのオールタイムベストを考えました。これ、毎年考えて、毎年オールタイムベストを更新するのっていいな…。来年覚えてたらやろう。

  1. ブレードランナー(1982年、リドリー・スコット)
  2. マッドマックス怒りのデスロード(2015年、ジョージ・ミラー)
  3. マトリックス(1999年、アンディ&ラリー・ウォシャウスキー)
  4. ブレードランナー2049(2017年、ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
  5. キャプテン・アメリカ ウインターソルジャー(2014年、アンソニー&ジョー・ルッソ)
  6. ドラゴン・タトゥーの女(2012年、デヴィッド・フィンチャー)
  7. ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー(2016年、ギャレス・エドワーズ)
  8. コードネームU.N.C.L.E.(2015年、ガイ・リッチー)
  9. ダンケルク(2017年、クリストファー・ノーラン)
  10. パシフィック・リム(2013年、ギレルモ・デル・トロ)

書いているうちに気がつけば2000年以降の作品が多めになりました。

選択基準は、今でも何度でも繰り返し見ることがあるかどうかです。作品としての完成度とか、味わい深さとかよりもオールタイムでいつでも見られる、見たい映画ということで選びました。あと、劇場に何度も見に行った(それくらい好き)な映画ですかね。

そして、不動のブレードランナー。これは色々思い入れもありすぎるし、いつ見てもフルで見られるから、相当好きなんだと思うんですよ。