ザ・ブリザード

The Finest Hours(2016 Craig Gillespie)(ディズニー 2016年2月27日)

http://www.imdb.com/title/tt2025690/

image

評判があんまり良くないのかな…と思っていたら、ケイシー好きは観に行ったほうがよさそうな雰囲気だったので見に行きました。エリック バナもでてるしね(無駄遣いだったけど)

なぜか最近多めのボストン周辺のお話。ナンタケット島に近そう。今回は50年代ということもあり時代の雰囲気はキャロルともかぶります。

沿岸警備隊の隊員バーニー ウェバー(クリス パイン)が、同僚のガスと電話だけで意気投合していた女性ミリアム(ホリデイ グレインジャー)に初めて会うところからストーリーは始まります。

image

ドラマチックにしたいのか、その映像美というか、海の恐ろしさの絵を見せたいのか、ハートウォーミングにしたいのか、どれもがなんとなく中途半端なのと、それぞれの人間を魅力的にしたいのかなんなのか分かりづらかった。小さい救助艇がなんども大波に飲み込まれては、浮き上がってきたり、タンカーの伝令が伝えられるところの描写とかいいところは結構あるんだけど…。

image

そもそも主人公であるバーニーはそんなわけで煮え切らない男だけど、前の年に人を一人救い損ねたことがトラウマになっていて、それを克服するために今度は全員を助けるぞというところなんだけど、そうはいってもどうしても自信のない感じが全面に出てきて、実はすごいのに描写として大してすごくない感じ(たまたまタンカーにたどり着いた、たまたま満ち潮で砂州を越えて帰ってきた)にしか書かれてないし…。セリフでこっち側に風を受けながらなら方向間違ってないとか言ってるのにね。

image

半分になったタンカーの機関士のシーバート(ケイシー アフレック)が結構魅力的なんだけど(ケイシー好きだからなのか…)この人もセリフでひどいこと言われているし(好かれてないとかなんとか)ものすごく才能があって冷静沈着なのになあ…。急にゆで卵剥き始めた時はどうしたのかと思ったけど…。

image

ミリアムも、本当にただただうざい女にしか描かれてなくて、空気読めとか言われてるけど、女の人は黙って見ているだけじゃないというのを出したかったんですかね、ちょっと斜めすぎてわからない。後方支援だけじゃない、意見だって言うってところか。職場に押しかける以外は、別に悪くないと思ったけど。

全体的に散漫すぎて、ラストの感動させよう感が満載の劇伴が空々しく感じるくらいでした。自分の気持ちをどこに着地させればいいのかわからない。

image

ただ、ケイシーは本当に格好良かったですよ。


2016/2/29 TOHOシネマズ新宿 スクリーン4 E列

パンフレットは吟味してから買いたかったところ、前のお嬢さんがじっくり吟味されているうちに順番が来てしまい、流れでそのまま買いました。事実の補完にはなるので良いかと思います。720円。